チャットレディで高収入を稼ぐには部屋づくりにもこだわろう!

チャットレディで高収入を稼ぐには部屋づくりにもこだわろう!

チャットレディの稼ぎには背景やお部屋づくりも影響する!?

チャットレディのお仕事は、インターネット上で男性と会話を楽しむことで収入が発生します。
高収入を稼ぐためには、メールレディと違って顔や部屋が画面上に映り込むため、できるだけ多くの男性から選ばれる必要があります。
そのためにも、メイクや衣裳など自分の外見に磨きをかけている女性は多いです。
しかし、実は男性が入室を決める際は、女の子の見た目だけでなく、画面に移り込む背景や部屋も含めてチェックしているのです。
そのため、より多く稼ぎたいのであれば、男性受けのいい部屋づくりを意識することが重要です。
この記事では、チャットレディの稼げる部屋づくりのコツや注意点を解説していきます。
男性が女の子の部屋に求める理想をしっかりと理解して、稼げる部屋に仕上げていきましょう。
チャットレディとして活躍したい女性は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. チャットレディの稼げる部屋づくりのコツ
  2. チャットレディの部屋づくりで注意すべきことは?
  3. 代理店登録を行えばチャットレディの部屋づくりにはもう悩まない!

チャットレディの稼げる部屋づくりのコツ

チャットレディがたくさんの男性ユーザーから入室してもらうためには、男性が思い描く女の子の理想の部屋を演出するのがコツです。
具体的には、以下の5点を意識してみてください。
人気チャットレディになるためにも参考にしてみましょう。

好印象を与えるには清潔感が重要

男性ユーザーに好印象を抱いてもらうためには、きちんと整理整頓された清潔感のある部屋でなければなりません。
ごちゃごちゃと物があふれているような部屋や、掃除が行き届いていないような部屋だと敬遠されてしまうため、仕事をする時だけでもきれいに片付けてしっかりと掃除をしましょう。
部屋の配色は白をベースにすると、簡単に清潔感のある部屋を演出でき、肌や顔色が明るく見えるというメリットも得られます。

ほどよい生活感で素人感を演出

チャットレディの部屋は清潔感があるのが基本ですが、あまりにも片付きすぎていると素人味に欠けます。
もちろん、男性側も女の子とは料金を支払ってチャットを楽しむ関係であることは理解していますが、それでもいかにも仕事感が漂っている部屋では気分も盛り上がりません。
男性ユーザーには、素人感のある身近な女の子との疑似恋愛を楽しみたい方が多いのです。
そのため、部屋はきれいだけれど布団には少しシワがあったり、テーブルの上にはコップが置いてあったりと、適度な生活感を加えることで男性心をくすぐりやすくなるでしょう。

小物で彩りを加えて女の子らしさをアップ

部屋の配色は、黒や紺などをベースにすると暗い印象を与えてしまうので、高収入を狙うのであれば避けた方が無難です。
1つ目のコツでも紹介した通り、清潔感のある部屋を演出するには白をベースにするのがおすすめです。
しかし、全てを白で揃えてしまうと、殺風景すぎてビジネスライクな印象になってしまいます。
優しい色合いのクッションやぬいぐるみ、観葉植物などの小物を活用して彩りを加え、女の子らしさをアップさせましょう。
特に、クッションは体を隠したい時や姿勢を保ちたい時にも使えるため、自宅でチャットレディをするなら必ず一つは持っておきたいアイテムです。
女の子らしい部屋のイメージが付きにくい人は、公式サイトなどでチャットレディ事務所が提供しているチャットルームを参考にするのもおすすめです。

趣味を垣間見せて話題づくりに

チャットレディの働き方には、アダルトとノンアダルトの2種類がありますが、ノンアダルトを選択した場合は、会話の楽しさで男性の心を掴む必要があります。
そこで、会話のきっかけづくりの一つとして部屋作りをする際、画面に移り込む位置に趣味が分かるようなアイテムを置いておくのも良いでしょう。
好きなマンガを本棚に並べたり、CDやDVDのジャケットが見えるようにディスプレイしたりすると、それに気付いた男性が向こうから話題を振ってくれて会話が盛り上がることも期待できます。
また、ギターなどの楽器を背景においておけば、演奏を求められたり好きなアーティストや曲から会話が広がったりと、趣味を背景に取り入れることで自分から会話のネタを提供しなくても、相手から自然に話しかけてくれる可能性があります。

照明を効果的に使って明るい印象に

稼げるチャットレディの部屋に仕上げるためには、明るい照明を取り入れることも大切です。
顔周りが暗いと、顔色がくすんで見た目が老けて見えるので、男性から選ばれにくくなってしまいます。
照明で顔を明るく照らせば、肌もきれいに見えてフレッシュな印象を与えられます。
照明には様々な種類があるため、求める機能や予算に応じて選びましょう。
基本的な機能が付いていれば十分という場合は、数千円程度で購入できますし、最近ではワンコイン程度で購入できるクリップライトなどもあります。
光の色や明るさを細かく調整して、より自分をきれいに見せたいという場合は、プロ仕様の照明を購入することも検討してみましょう。
値段は高価ですが、プロ仕様のものなら時間や天候を気にせず常に美肌を演出できます。
また、先ほどから述べている通り、部屋の配色は白をベースにすると、反射光が生まれて照明の美肌効果を最大限に引き出せます。
壁や家具などを白で統一するか、それが難しい場合はパソコン周辺だけでも白いアイテムでまとめると顔色が明るく映ります。

チャットレディの部屋づくりで注意すべきことは?

チャットレディの部屋づくりにおいては、男性受けを意識することが欠かせませんが、それと同時にリスク管理にも注意しなければなりません。
ここでは、チャットレディの部屋づくりで特に気を付けるべき3つのポイントをご紹介します。

外の景色が映らないようにする

窓の外の景色が映り込んでしまうと、住んでいるエリアが特定されてしまう可能性があります。
チャットレディの仕事をする際は、必ず窓とカーテンを閉めて、チャット画面上には絶対に外の景色が映らないようにしましょう。
また、電車や踏切の音、屋外放送といった自宅周辺から発せられる騒音によっても、住所を特定される可能性があります。
防音対策も必須となりますが、賃貸住宅の場合は難しい部分も多いはずです。
こうしたリスクに不安がある場合は、自分の部屋ではなく専用の通勤チャットルームを使用した方が安心です。

個人情報の映り込みにも注意!

自分の部屋でチャットレディの仕事をする場合は、個人情報の取り扱いにも注意してください。
机の上に免許証や宛名がかかれた郵便物、学校や職場の書類などを置きっぱなしにしていると、身バレにつながります。
他にも、部屋に飾ってある賞状で本名が知られるケースもあります。
個人情報が特定されると、ストーカー被害に遭う危険性があるため、名前や住所が記載されているものを、カメラに映してしまわないように気を付けましょう。

流出対策として時計やカレンダーを設置

映像の流出対策としてチャットレディの間で広く知られている方法が、背景に時計やカレンダーを移し込ませることです。
ライブチャットの盗撮や流出は犯罪であり、そのような行為をする男性はほとんどいません。
しかし、稀に犯罪行為と理解した上でバレないと判断した時に限り、映像を流出させる人もいます。
しかし、万が一流失した場合でも、背景にカレンダーや時計を配置しておくと犯人を特定しやすくなります。
ライブチャットサイトを利用する男性ユーザーは、必ず会員登録をすることになっているため、ログイン日時が分かればある程度推測できるのです。
チャットレディとして安全に働いていくためにも、インテリアの一部として溶け込む形で背景にさりげなく時計やカレンダーを移り込ませましょう。

代理店登録を行えばチャットレディの部屋づくりにはもう悩まない!

チャットレディの収入をアップさせるためには、男性の理想を意識した部屋作りを行うことが大切です。
清潔感がありつつ、生活感や趣味を垣間見せたり、色合いや照明に気を使ったりと、大変な部分も多いですが、これを行うことで今以上に高収入を稼げるようになるのです。
また、部屋作りを工夫すると同時に気を付けなければならないのが、身バレ対策や流出対策です。
うっかり外の景色や個人情報が分かるものを映してしまうと、ストーカーや映像流出などの犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるため、在宅チャットレディとして仕事を行う場合は十分に注意しましょう。
自分で部屋づくりを行うのが苦手な方や、身バレ・流出対策に不安がある方は、チャットレディ代理店への登録も検討してみましょう。
代理店登録を行えば、ライブチャットに最適な個人チャットルームを利用できるため、部屋づくりに悩んだり家具やインテリアを変更したりすることなく、すぐにでも働き始められます。
さらに、身バレや流失にもしっかりとした対策が取られており、安心して仕事に集中することが可能です。
新宿に数ある代理店の中でも、衛生的でおしゃれなチャットルームと万全の流出対策で人気なのが「チャットレディAlice」です。
新宿駅付近のほとんどの駅から徒歩5分以内という好立地にあり、一人ひとりのライフスタイルや希望に合わせて無理のない働き方をサポートしてもらえます。
顔出しなしでも稼げるノウハウもスタッフが直接伝授してくれるので、安全に高収入を稼ぎたい方にもピッタリです。
1日体験入店制度も設けているので、通勤チャットレディの仕事に興味のある方やチャットレディ専業で多く稼ぎたい方はぜひお気軽に問い合わせてみてください。
電話やメール、LINEでも問い合わせOKです。