チャットレディの盗撮防止!キャプチャ・スクショ防止機能で安心高収入!

  • 2020年3月27日
  • 2020年4月7日
  • リスク
  • 330view

チャットレディが盗撮されるとは?

チャットレディ未経験者の人やインターネットについてあまり詳しくない人へ!
まず、画像や画像の盗撮がどのように行われるのか、その方法を解説します。
基本公式サイト側では、盗撮は禁止事項となっていますが、中にはルールを守らない男性もいるのが事実です。

チャットレディをしてみたいと思っても、盗撮されるリスクを考えると、一歩が踏み出せないという人は少なくありません。
現在進行系で、チャットレディをしているという人でも、「もしかしたら、さっき画像を撮られたかも知れない……」と不安を感じる時もあると思います。
そういった状況で慌てて盗撮の対策方法を検索したという人も、多くいるはずです。

今回は、チャットレディの盗撮に関して、詳しく解説していこうと思います。

目次

  1. チャットレディが盗撮でキャプチャ・スクショされる方法
  2. チャットレディがキャプチャ・スクショされるのを防ぐには?
  3. チャットレディは盗撮対策が重要

チャットレディが盗撮でキャプチャ・スクショされる方法

『チャットレディ・画像盗撮』『チャットレディ動画盗撮』で検索すると、多くのネットサイトの記事で「キャプチャ」と「スクショ(スクリーンショット)」という情報が出てきます。

そこで「キャプチャ」「スクショ(スクリーンショット)」の単語を初めて聞く人の為に意味を説明します。

【キャプチャ】

パソコンやスマホに表示されている、ライブ動画をそのまま、静止画像や動画のデータとして保存することです。
静止画像はスクリーンキャプチャ、動画はビデオキャプチャと言います。

【スクショ】

スクショ=スクリーンショットの略。
パソコンやスマホに表示されている、画面を静止画像として保存することです。
アプリやスマホの機能で、動画として保存できるものも、中にはあります。

動画と画像を区別するために、キャプチャはビデオキャプチャ(動画保存)を指すことが多いのに対して、スクショは、静止画での画像保存を指します。

盗撮方法

ライブチャットでの画像・動画の盗撮方法は主にの3つです。

  1. パソコン・スマホのスクショ機能を使う
  2. パソコンの画面をスマホやカメラで撮る
  3. 外部のアプリや機器を使って録画する

パソコン・スマホのスクショは、ほとんどの人が使いこなせる、機能の一つと言えます。
スクショの仕方がわからない人でも、パソコンの画面を直接カメラで撮れば、簡単に画像や動画を残すことが可能です。
現在のスマホでは、スクショで動画も取れるようになりました。
動画をスクショできる機能がついたパソコンもありますが、基本的に専用のアプリや外部機器を使用する必要があります。

チャットレディがキャプチャ・スクショされるのを防ぐには?

チャットレディがキャプチャ・スクショされるのを防ぐ対策として、まず「どういう時に、男性が画像や動画を録画しようと思うのか」を知るのが有効です。

盗撮したいと思う男性の心理が働いた時、どういう行動を取るのか、この心理と行動を把握した上で、対策を立てるのがオススメです。

画像や動画を盗撮しようとする心理とそれに伴う対策法

画像や動画を盗撮する人の心理としては、『繰り返し見て楽しみたい』『お金儲けのためにアダルト動画投稿サイトへ画像出典など』の2つが、主な理由として挙げられます。

1.繰り返し見て楽しみたい
繰り返し見たいと思っている男性には、「あまり、ライブチャットでお金を使いたくない」と思っている人が多いです。
お金をかけず、何度もライブ動画や画像を楽しもうとしているので、こういった理由で動画や画像盗撮する人が、常連になってくれる可能性は、そうそうありません。

そんな方への対策として、シャットアウトして遠ざける方法があります。
逆に、近づけて取り込んでしまうことでもリスクを軽減することもできます。

例えば、毎回目新しさがあることをアピールして、何度も来る利点を示す方法。
次回、また訪れる理由ができれば、録画して記録する必要性も低くなるので、結果として盗撮対策になりますし収入UPにも繋がります!
会話した内容を踏まえて、次回の約束をこじつけ、リピート率を上げて高収入を目指しましょいう!
例えば、美味しいお取り寄せ品をや好みの服装を教えてもらった場合、「次、〇〇さんに合う日のために用意しとくね!」と言い、約束を取り付けます。
こう言われたら、また次回の動画でどんな反応をするのか見たくて、ついつい会いに来てしまいます。
そういった会話のテクや約束を取り付けて、画像や動画の録画をする意志を削いでいくのです。

または、お気に入りの女の子ができると、だんだん独占したくなるのも男性の心理です。
“記念”という理由で盗撮する可能性はありますが、流出に至ることは、まずあまりありません。
男性会員の一人一人を大切にし、仲良くなるだけでも、画像や動画の盗撮・流出の対策になりますよ!

2.お金儲けのため
盗撮した動画・画像を売って、お金儲けをしようと思っている場合。
「アダルト向け動画投稿サイトや、エロ画像をまとめた記事サイトなどに、画像出典された」
「盗撮された、動画や画像をアダルト系動画投稿サイトに載せられてしまった」
そういったチャットレディーの話は悲しいけれどとても多いです。

その場合は、載せられた場合もサイト側に通報して、削除してもらうことができます。
しかし、削除をしてもらった場合も、今度は海外サイトアダルトサイトというように、同じ動画や画像を別のアダルトサイトで使い回される可能性もあります。

動画や画像の録画や画面撮影に関しては、ライブチャットの利用規約に『個人利用は問題ない』と言うような表記をされているところが多いです。
ですが、画像や動画をネット上に上げることは、肖像権の侵害となり違法行為となります。
違法行為であるにも関わらず、盗撮・流出は少なくなりません。
最終的には、泣き寝入りするしかなくなってしまうことも……。
そのため、動画や画像を盗撮した人を特定できるような対策もしておく必要があります。

盗撮疑惑のある男性会員の見抜き方

盗撮疑惑のある男性会員の見分け方は主に4つあります。

  1. 男性会員がライブ中のチャットで急に黙る
  2. カメラの音や機材を扱っている音がす
  3. 細かい(エロい)ポーズなど男性側から指示を出してくる
  4. チャットレディからの質問にあまり答えようとしない

男性側が途中で急に話さなくなるだけでなく、始めからずっと無言という場合もあります。
女性側も男性側も、お互いにカメラで見える状態(双方向チャット)の場合に、カメラを手や物で覆っている人も、かなり怪しいです。
画像や動画を盗撮しようとするので、姿が見えない時は、音に警戒して下さい。
大抵、チャットレディで画像や動画の盗撮されたとわかった人は、カメラの音がしたり、ゴソゴソした音で気づいてます。

また、男性好みの画像を撮るために、細かくポーズの指示をしてくることも。
指示が細かい時には、顔を出さないようにしたりして、対策をすると良いです。
チャットレディの質問に答えない時は、男性側が販売目的でキャプチャしている可能性があります。
盗撮した動画や動画に、男性側のユーザー名や個人情報が入らないようにするためです。
しっかり会話をして、男性側の情報を引き出すように、日頃から心掛けるといいでしょう。

無料パートでの2つの注意点

無料パートの場合は主に2つのことを注意しましょう。

1.無料パートで露出しない
アダルトチャットをしている人は、無料パートの時に、露出はしないことに限ります。
なぜなら、収入が発生していない人の為に、リスクを背負う必要はないからです。

無料パートは、会員登録していない人でも閲覧可能なサイトもあります。
男性側が会員登録をしていないということは、盗撮者は個人情報を明かすことなく、低リスクで画像や動画の盗撮ができてしまう可能性があります。
なので、無料パートで動画や画像が盗撮されて流出したとしても、犯人の特定が困難になります。
さらに、一度無料で満たされてしまえば、次回有料にしたとしても、また無料で遊べると思われる可能性があるので、常連客の獲得もしづらくなり、収入に影響します。

2.顔を出さない
無料パートは、会員以外の人も見れるので、顔は出さない方が、盗撮のリスクが低いです。
ライブチャットについて、知識があまり無い人の中には、「スクショやキャプチャをしても、無料で公開してるものだから良い」と軽く考える人もいます。
なので、簡単に顔を出してしまうと、思わぬ方向で、画像や動画が流出してしまう可能性が出てきます。

顔を出すのであれば、『有料パートでチャットをしてくれる人だけの特典』とした方が良いです。
『有料パートの特典として』の特別感を出した方が、常連になりやすく、高収入につながりやすくなりますよ!

ライブチャット中の注意点

ライブチャット中の主な注意点は、3つあります。

1.顔と体を同時に映さない
チャットに限らず、画像や動画を残す時は、最もエロくて良いアングルで、画像や動画を撮ろうとします。
そのため、ライブチャット中に顔と身体が同時に映ってしまうと、そのタイミングで、画像や動画を盗撮される可能性が、非常に高くなってしまいます。

顔と身体を同時に映さないことで、最も良いアングルを作らないようにして、盗撮頻度を下げる効果を得られます。
身体を映す時と顔を映す時は、カメラを調節するようにし、映像を手で覆ってしまうと良いでしょう。

2.男性会員の名前を呼ぶ
キャプチャやスクショをする人の中で、販売目的の人は、男性自身の身元がバレることをとても警戒しています。
そのため、男性会員の名前を何度も呼ぶことは、キャプチャ・スクショに対して、かなり有効です。

映像に男性の名前が入ってネット上に上がれば、流出させた人の身元の特定につながるので、悪用されにくくなります。
また、悪意のない会員さんは、名前を呼ぶと喜んでくれるので、収入UPにもつながり、一石二鳥です!

3.男性会員の情報を引き出す
男性会員の情報を“人質”にする、という方法です。
天気の話から自然を装って、住んでいる地方を聞いたり、行きつけのお店を聞いたり。
そうして、「もしかしたら、身元がバレてしまうかもしれない」と男性会員にちょっとでも思わせることで、盗撮を抑制させる効果があります。

また、ライブチャットを純粋に楽しんでいる男性会員からすると、質問されることは基本嬉しいことです。
質問することは、男性会員に喜んでもらえて、自然に盗撮対策ができますよ。

チャットレディは盗撮対策が重要

ライブチャットの利用規約に、画像や動画の録画・盗撮は禁止してありますが、絶対に安全とは言い切れません。
しかし、自分でできる対策をしておけば、安全にライブチャットができます。

それでも、「もしも盗撮されてしまった時、どうしたら良いかわからなくて怖い」という方もいるのでは無いでしょうか?
そんな時は、『チャットレディ事務所に登録して働く』という方法もあります。
実は、チャットレディ事務所は、チャットのライブ動画や画像出典がよく転載されている、サイトをリスト化していることが多いです。
所属しているチャットレディを守るため、そういったサイトを事務所のスタッフが、定期的に見回っているところも!

キャバクラや風俗は、実際にお客様と対面で接客しなくてはならないため、難易度も初心者には敷居が高い部分があるでしょう。
しかし、私が勤めていた『Alice(アリス)新宿』では、初心者でも高収入の得られるコツも教えてくれますし、盗撮への対応を即座に行ってくれますので初めて方でも安心して仕事ができます!

チャット事務所の公式サイトに、問い合わせ先が載っているので、電話やメールで一度話を聞いてみるのも良いと思いますよ♪