チャットレディにとっての照明の大切さとは

照明で若返る

チャットレディは照明で若返る

チャットレディのお仕事は、単純なチャットだけでなく、WEBカメラを通して魅力的な自分の姿を配信することでもあります。
容姿や服装の他に、忘れてはいけない大事なものに「照明」があります。
照明にこだわれば、肌は10歳以上若返って見え、男性の注目度もぐんと上がる、なんてことも珍しくありません。
もちろん、それに伴い、報酬も大きくアップします。今回は、照明がチャットに及ぼす驚くべき効果や、効果的な使い方を詳しく紐解いていきましょう。

チャットレディの照明の効果

照明の効果

人間は、若い人間は健康的に映ります。
健康的な人間を視ると、本能的に魅力的だと感じられるでしょう。
そのため、チャットレディも、基本的には若く見える人が、より好まれる傾向にあるようです
実年齢の若さは、本人の努力で手に入れられるものではありません。しかし、自分を実年齢以上に若く見せ、更にそれを武器としてチャットに活かす方法は、いくつもあります。
その方法の一つとしておすすめなのが、照明の工夫です。
照明は、ちゃんとつかえば肌を美しく見せ、チャット相手に若々しさを印象づけてくれます。
美白はもちろんのこと、シワやたるみ、毛穴のカバーが、照明一つでできるのです。
更に、照明が美しさを際立たせてくれるのは、肌だけではありません。
照明の角度が、しっかり考えられていれば、顔の陰影がしっかりわかるようになるため、メイクが程よく引き立ち、小顔に見せてくれる効果まであります。
髪にもしっかりと照明があたっていれば、天使の輪と呼ばれる環状の髪の艶が現れます。
天使の輪には、髪の綺麗さを強調してくれる効果があるほか、見ている人に健康的で清潔な印象を与えてくれるため、男性の目にはとても魅力的に映るでしょう。
また、直接顔に照明を当てれば、瞳の中に光を入れることもできます。瞳の中に光があれば、潤みが強調され、愛らしい印象になるため、目が傷つかない程度の光量のものであれば、試す価値有りです。

照明の種類

照明

チャットレディが使用する照明には、様々なタイプのものがあります。
そのうちの、いくつかをご紹介しましょう。

スタンドライト

テーブルなどの平面に自立できる、一般的なライトです。
角度の調整が簡単かつ、置き場所もある程度自由に決められるため、ベストな位置に光源を置きやすいというのが利点でしょう。
サイズも、テーブルの上に置く小さなものから、床に置く大きなものまでありますが、大きければ大きいほど場所をとってしまうという点には、注意が必要です。

クリップライト

クリップでパソコンの画面などを挟んで固定するタイプのライトです。
スタンドライトと違い、場所をとってしまうということはありませんが、何かを挟んで固定するという特性上、設置位置は限られてしまいます。
スタンドライト同様、角度を調節しやすい事も特徴の一つです。

撮影用ライト

撮影現場で使われたり、最近では、youtuberが使用することもある、床に置くタイプの大きなライトです。
ほとんどが、プロ仕様のものばかりなので、スタンドライト・クリップライトより、とても明るく広い範囲を照らしてくれますが、相応にお値段も張るのが難点。
もちろん、明るいばかりでなく、光度調整などの機能が充実しているものが多いので、女優ライトのように、肌を的確に美しく魅せることにも優れています。
しかし、光度調整のないものの場合、映像が明るくなりすぎて、明るい部分の色が真っ白に飛んでしまうこともあります。
そんなときは、ティッシュペーパーやトレーシングペーパーを照明にかぶせて光を遮り、減光させることで対応が可能です。
また、光度調整機能があっても、その調整がどうにも難しい場合は、レフ板を用いるのも一つの手かもしれません。レフ板は、光を拡散してくれる役割があるため、白飛びしにくい柔らかい光を作るのに効果的です。レフ板がない場合は、真っ白な紙や壁紙でも代用できるので、比較的お手軽な方法でしょう。

照明器具とライティング

自然光

写真・映像・映画・舞台の世界において、ライティング(Lighting)という言葉があります。
意味は、言葉の通り「光を当てること」
光を当てることで、被写体を見やすくする、印象をコントロールするなどの効果を得ることができるので、それらをいかに活用するか、また調整するかなどのテクニックを総じて指すことも多いです。
もちろん、このライティングは、チャットレディのライブチャットでも、活かすことができます。
例えば、昼白色の照明を使えば、全体を明るく見やすい映像にすることができ、演色ライト(演出的な光を与えるムードを作るためのライト)をつかえば、一定のコンセプトを映像に持たせられる、などといった形です。
そこまでわかりやすい違いではなくとも、同じ昼白色の照明でも、ぼやけた光かLEDライトのような鋭い光かなどでも、印象はだいぶ変わります。ぼやけた光は、やわらかで可愛らしい印象をもたせられますが、鋭い光はシャープで大人びた雰囲気と、ほぼ真逆とも言える形になるでしょう。
光源の種類によっても特徴が異なるので、以下を参考に、自分に合ったライトを探してみてはいかがでしょうか。

自然光

簡単に言えば太陽の光、日光のことですが、チャット中に活かすとなると、窓から入り込んでくる日差しに限られるでしょう。
最も、自然で親しみのある光であり、時間帯によって色が変わるのも面白いところですが、自分の力でコントロールすることの難しい光源でもあります。
うまく使えれば、大きい効果を発揮する光源ですので、在宅環境などで可能なら、活用に挑戦してみるのも良いでしょう。

白熱球

LEDライトと比べ、柔らかで広い角度の光を発します。
調光機能を求めると、一般的ではありませんが、電球色は暖色系の温かな色合いのものが多いです。
シェルフを付けたり、間接照明として使用するなどして、光量を下げれば、ムードのある雰囲気にも向いています。
しかし、設置位置によっては顔の影が強調され、シミやクマが目立ってしまうこともあるので、特に注意が必要です。

LEDライト

白熱球などと比べ、光が固く直線性があります。
調光可能な物もあり、青白い寒色系の色から暖色系まで、幅広い色合いがあるのが特徴です。
シャープな印象を与えやすい照明ですが、レフ板などを活用すれば、柔らかな光に変えることもできたりと、応用の幅が広い光源でもあります。

照明の選び方

実際に照明器具を買うとしたら、どのように選ぶのが良いのでしょうか?
照明を選び方には、様々な要素が絡んできて、一概にこれ!とはいえないものですが、明確に照明を分ける必要のあるのが、アダルトかノンアダルトかという点です。

ノンアダルトの場合カメラワークよりも、話をすることがメインになるでしょう。
顔出ししてお話するのであれば、顔が一番きれいに映る照明が望ましいです。ここまで紹介してきた要素をきちんと取り入れられた照明であれば、問題なく美しい姿を映像に乗せることができるかと思われます。

アダルトの場合は、ノンアダルトのようにきれいに自分を映せるという点のみならず、体全体を映せるほど広範囲、かつ位置や角度の調整が簡単にできる光源であることが望ましいです。
というのも、アダルトの場合、体を映像に映して魅力を感じてもらう必要があるため、体の映したい部分を同時に照らせる照明でないと意味がなく、また、魅力的に感じてもらうための仕草などで、どうしても動きがノンアダルトと比べて多くなりがちですので、光源の位置や角度は、自在に動かせるほうが都合が良いのです。
もちろんその上で光の強さや雰囲気にまでこだわれると、より一層あなたの良さを引き出すことができるでしょう。

照明を選ぶ基準

ライティング

チャットレディの使う照明は、もちろん高ければ高いほど相応の効果を得られるものではあるかもしれませんが、かと言って完全にプロ仕様の撮影用ライトやビデオライト、ほとんど普及していない新機能を搭載したものなどを買っても、性能が過剰すぎてお金が勿体ない結果になりがちです。
とはいえ、逆に変に安いものを使えば、それだけでチャットの質は落ちてしまいます。

選ぶ基準としては、以下の3つを抑えておくと良いでしょう。

コスパ

値段のやすさに対して、どの程度の性能を有しているかです。
電球を使用するタイプの照明は、明かりが切れても、電球を交換すれば再び使えるようになるので、長い目で見ればコスパが良いと言えます。

操作性

スイッチ類のわかりやすさ、また角度調整のやりやすさや、幅・設置の手軽さなど、扱いやすいかどうかも重視すべきポイントです。
機能が多いほど、この操作性が犠牲になりがちですので、コスパを求めて多機能なものを購入する際は、操作性についてもよく吟味しておきましょう。

調光機能

調光機能に関しては、あれば先々安心という程度です。
調光ができると、使うカメラが変わっても、柔軟に対応できるので、長く使うことができるでしょう。

まとめ

チャットレディにとって、照明は、切手も切れない重要な機材のひとつと言えるでしょう。
あるのとないのでは、男性会員からの印象が、大きく変わってきます。
自分のチャットする部屋の環境や、チャットスタイルに合った物を見つけて、あなたもチャットをレベルアップさせてみましょう。