チャットレディの経歴って履歴書に書いてもいいの?

  • 2022年9月20日
  • 2022年9月20日
  • 働き方
  • 89view

チャットレディの経歴は履歴書に書かないほうがいいの?

経歴を履歴書に書いていいの
就職活動や転職活動をする際に必要になる履歴書。自分の個人情報に合わせて、これまで行っていたお仕事を記載する職務経歴欄などがあります。

チャットレディをしていた人は、この職歴欄にチャットレディとして働いていた内容を記載したほうがいいのでしょうか。

この記事では、チャットレディをしていたことを職歴欄に記載するデメリットや、「チャットレディをしていた期間について、どのような記載をすればいいのか?」という部分について紹介していきたいと思います。

目次

  1. チャットレディをしていたことは履歴書には書かないほうがいい
  2. どうしてチャットレディの経歴を履歴書に書かないほうがいいのか?
  3. チャットレディをしていた期間は履歴書になんて記載すればいい?
  4. チャットレディの代理店に登録するなら履歴書は不要!

 

チャットレディをしていたことは履歴書には書かないほうがいい

仕事の面接を受ける際に作成する履歴書。この履歴書に、チャットレディをしていたことを記載するか悩む人も多いと思います。履歴書の職歴というのは、採用する側としては最も重視する部分でもあります。

結論から述べると、チャットレディをしていたことを履歴書に記載するというのは、あまりおすすめできません。理由については以下で紹介していきますが、事実に基づいてチャットレディとして働いていたことを履歴書に書いてしまうと、いい印象は持たれません

そうなると、採用されづらくなってしまうので、履歴書にはチャットレディをしていたことは伏せたほうがいいでしょう。

どうしてチャットレディの経歴を履歴書に書かないほうがいいのか?

では、なぜ職歴欄にチャットレディをしていたことを書かないほうがいいのでしょうか。ここでは、いくつかの理由を挙げていきたいと思います。

チャットレディに対して未だに偏見を持っている人がいる

在宅でも働ける仕事としてここ数年で注目を浴びているチャットレディ。新しい代理店がニューオープンしたりして、活気づいている業界です。

しかし、チャットレディという職業に対する評判はあまりよいものではありません。中には、「アダルトなことをして稼ぐ仕事」「楽してお金を稼ぎたい女性がしている仕事」というイメージを持っている人もいます。

特に、会社で採用担当をしているような上の年代の人からの評判は特に悪いといえます。正直に職歴に記載してしまうと不採用になる可能性が高くなってしまうでしょう。

職場で恋愛トラブルを起こしそうだと思われる

会社などの組織では、社内恋愛を禁止しているところもあるくらい、同僚同士の恋愛トラブルを嫌がります。恋愛トラブルを避けるために、わざと容姿の悪い人を採用しているところもあるくらいです。

チャットレディの仕事は、人に好きになってもらう仕事です。そうなると、「チャットレディをしていた女性を採用してしまうと、社内で恋愛トラブルを起こされる」と考え、不採用にされる可能性が高くなります。

採用してもすぐに辞めそうだと思われる

チャットレディは、ほぼ誰でも採用される仕事です。常にチャットレディ求人募集店舗があり、始めたいときに始められる仕事だといえます。

そのため、「元チャットレディの女性を採用しても、なにかあったらチャットレディに戻られてしまうのではないか」と考え、採用を躊躇する会社もあります。いつでも戻れる仕事だからこそ、「中途半端な気持ちで仕事をしそう」だとも考えられることもあるでしょう。

実際にチャットレディを辞めて普通の仕事に就いた女性の中には、「チャットレディよりも稼げない」「仕事がきつい」とすぐに辞めてチャットレディに戻る人もいます。このようなことが口コミのように広がり、「元チャットレディ=すぐに仕事を辞める」という認識を持つ人も多いです。

チャットレディしかしていない場合、社会経験が少ないと思われる

もし、あなたが会社の採用担当だとして、「チャットレディ以外の仕事をしたことがない」という女性が来たらどう思うでしょうか。恐らく「普通の仕事をしたことがないから社会経験がないだろう」と思う人が多いと思います。

他にも仕事をしていれば、このように思われることはありませんが、若いチャットレディはこの仕事しかしたことがない人ばかりです。会社で働くというのは、これまでの社会経験が重要になります。社会経験がなさそうだと思われてしまうと、やはり採用される可能性は大幅に下がってしまうでしょう。

チャットレディをしていた期間は履歴書になんて記載すればいい?

数年間、専業チャットレディとして働いていた人が普通の仕事をするとなると、チャットレディをしていたことを記載しないのならば、その期間は空白期間に見えてしまいます。

職歴欄に空白期間があるというのは、面接担当の方にいい印象を与えられません。だからといって、チャットレディをしていたと素直に記載してしまうのも、これまた悪い印象を持たれてしまいます

では、専業チャットレディとして働いていた期間は、どのように記載すればいいのでしょうか。ここではチャットレディをしていたとバレず、なおかつ空白期間だとも思われないおすすめの記載方法をいくつか紹介していきます。

嘘の職歴を書くのは絶対にやめよう

まず、大前提として職歴欄に嘘の記載をするのは絶対にいけません。なにかのきっかけでバレることがありますし、バレてしまうと採用を取り消されることもあるでしょう。

チャットレディをしていた期間を、他の仕事をしていたと偽装するのは絶対にやめるようにして下さい

ネット関係の個人事業主と記載するのがおすすめ

チャットレディは店舗に雇われて働くのではなく、個人事業主として働きます。これは、在宅チャットレディであろうと通勤チャットレディであろうと同じです。

そのため、履歴書に「個人事業主として働いていた」と記載しても嘘にはなりません。さらに、「ネット関係の個人事業主」だと記載することで、より説得力を増すこともできます。

チャットレディは、ライブチャットサイトを使ってお客さんの接客をします。ネットを使った仕事なので「ネット関係の個人事業主」と記載しても嘘にはなりません。嘘をつかずにチャットレディをしていたことを隠せて、さらに空白期間だとも思われない、いい記載方法になります。

接客業と書いても嘘にはならない

チャットレディをしていた期間を、「接客業をしていた」と記載するのも一つの方法です。チャットレディは、男性会員を接客する仕事なので、これについても嘘の記載にはなりません。

しかし、「何系の接客業ですか?」と聞かれたときに、「ネット系の接客業です」と答えるしかなくなるので、そこで疑問を持たれたり、チャットレディをしていると勘付かれたりすることもあります。また、キャバクラや風俗をしていた女性が接客業と履歴書に記載することが多いので、そのような仕事をしていたと勘違いされることもあります。

そう考えると、無難に「ネット関係の個人事業主」と記載するのがいいかもしれません

親の介護をしていたと書くのもおすすめ

ネット関係の個人事業主や接客業と書く以外にも、チャットレディをしていたことを隠せて空白期間に思われない方法として、親の介護をしていたとごまかすのもいいでしょう。

親の介護と記載することで、「親思いの優しい子」という印象を与えることも可能です。「介護に一段落ついたので、仕事を再開することにしました」という動機にも違和感がないので、こちらもおすすめの記載方法になります。

チャットレディの代理店に登録するなら履歴書は不要!

チャットレディは面接日にきちんと面接場所に行って、チャットレディ採用担当と少しばかり話すだけでほぼ受かる仕事です。また、この仕事をする場合、履歴書は一切不要です。

大手チャットレディ事務所である、チャットレディAlice新宿でも履歴書不要で面接を受けることができます。チャットレディAlice新宿には、綺麗なチャットルームがあるので、新規登録した女性でも初期費用なしで働き始めることが可能です。

また、稼ぐためのチャットレディ体験談などを知れる研修も行っているので、未経験者でも高収入を稼ぐことができます。

地域別チャットレディ求人やチャットレディおすすめ求人ランキングでも上位に入るような優良代理店になります。優良代理店に登録して高収入を稼ぎたい女性は、是非チャットレディAlice新宿に応募して働いてみて下さい。