新宿でチャットレディを行うなら専業にすべき?それとも副業?

ャットレディは稼げる副業

チャットレディは稼げる副業!

新宿エリアで仕事をしている女性なら、チャットレディの求人を見たことがある人も多いのではないでしょうか?
チャットレディは稼げる副業として人気があり、会社に勤務するOLさんやシングルマザーなどがチャットレディの仕事で収入を得ています。
実際に、新宿エリアには多くの代理店が揃っていて、どの代理店で仕事をスタートするか迷ってしまうほどです。
もし、今の月収だけでは足りないと感じているなら、代理店のサイトや口コミサイトなどをチェックして、どのくらいの所得が期待できるかを確認してみましょう。

目次

  1. チャットレディの最高月収はどれくらい?
  2. チャットレディで稼ぐ秘訣
  3. チャットレディの必要経費と税金の申告
  4. 会社を辞めて専業にする前に
  5. 新宿のチャットレディなら本業よりも副業がおすすめ!

チャットレディの最高月収はどれくらい?

チャットレディの仕事は会社の勤務とは違い、頑張れば頑張った分、リアルに月収が上がります。
新宿エリアのチャットレディで稼いでいる人の月収は平均で100万円ほどとも言われています。
チャットレディの仕事は、大きく分けるとアダルトとノンアダルトに分かれていて、大きく稼げるのはやはりアダルトです。

アダルトメインで働いた場合

アダルトメインだと、ボーナス込みの月収で200万円以上の最高月収を獲得する人もいるので、やはり大きく稼ぎたいならアダルトという選択肢になるでしょう。
1日8時間勤務の専業チャットレディなら、1回の勤務で6万円程度を稼ぐ人が多く、時給に換算すると約7,000円~9,000円の仕事となります。
副業チャットレディなら、4時間勤務で3万円程度のお金を手にできる計算です。
月に20日間の副業で60万円が稼げることになります。

ノンアダルトで働いた場合

もちろん、ノンアダルトで仕事をした場合でも、月50万円以上を稼ぐ人もいます。
大体1日8時間の勤務で2~3万円程度を稼ぐ人が多く、時給換算では3,500円程度となっています。
副業チャットレディとして仕事をするとしたら、1日4時間勤務で日給は1~1.5万円程度が稼げます。

今の自分の生活で、所得に不満を感じているなら、まずは気軽にチャットレディのお仕事を始めてみましょう。

チャットレディで稼ぐ秘訣

チャットレディは稼げる仕事ではあるものの、やはり稼ぐコツを知らなければ所得額は上がっていきません。
自分の頑張りが空回りしないよう、しっかり稼ぐ秘訣を知っておきましょう。

事務所に所属する

まず、事務所には所属することをおすすめします。
自分の稼ぎが事務所の業務所得になってしまうことを不満に思いがちですが、教育制度を活用してチャットレディとしてのスキルを磨くことが最高月収への近道です。

稼げる時期を知る

また、大型連休やバレンタインやクリスマスなどの季節イベント、お盆などの季節行事のタイミングは、稼ぎやすいタイミングなので頑張りましょう。
さらに、一般的な給料日の後、つまり月末頃からも稼ぎ時です。
特に、金曜日から土日の夜はお客様が増えるのでコアタイムを逃さないことも稼ぐ秘訣と言えるでしょう。
もちろん、多くのチャットレディが狙っているタイミングを外してみるという作戦も有効です。
ライバルがいない状態で効率的に稼いでいるチャットレディも多いので、自分が勤務しやすいスタイルを確立してください。

チャットレディの必要経費と税金の申告

税金の申告

チャットレディの仕事には様々な経費が掛かります。
チャットレディとしてデビューするなら、確定申告に必要となる、必要経費や雑所得を把握する癖を付けましょう。
もし、本業にする場合は、自営業として事業所得を得ることになって、所得税を自分で収めることになるので、しっかり知識を身に付けてください。

チャットレディが計上できる必要経費

チャットレディの仕事での収入については確定申告が必要です。
せっかくの収入が税金で目減りしてしまうことを避けるためにも、節税の知識は重要となります。
なにが必要経費に計上でき、控除できるかを確認しましょう。

①在宅チャットレディの家賃・水道光熱費の約3割
②仕事に使うパソコン・Webカメラ・マイクなどの費用
③仕事に使う美容品の約3~5割
④事務所への交通費
⑤仕事のためのセミナー費・書籍費の一部

領収書は保管しよう

経費として計上するためには証明となる領収書が必要です。
確定申告の際に提出が求められることはないものの、後々調査されるケースもあるため領収書は7年間保管してください。
衣装代・美容院代・コンタクト代、交通系カードの記録などが揃っていないと、経費として認められない場合もあります。
クレジットカードで購入した記録などもしっかり保管しておきましょう。

税金は事務所に任せられる?

所得税の計算、所得税額、課税所得金額の算出・申告は自分でしなければなりません。
会社に勤務していて、確定申告をしたことがない人にとっては手間と時間がかかり、負担に感じることもあるでしょう。
確定申告の青色申告や白色申告をどう選択するかなど、わからないことも多いはずです。
チャットレディを副業でしている場合も申告は必要なものの、本業の会社の給与部分については会社に任せられます。
確定申告も簡単で、チャットレディの仕事で得た所得を「雑所得」として記載するだけです。
しかし、チャットレディの仕事を専業にすると、決算・課税所得金額・所得額などを自分で計算しなければならず、チャットレディの事務所ではやってもらえません。

会社を辞めて専業にする前に

チャットレディの副業で最高月収を獲得すると、今の会社は辞めて専業のチャットレディになろうかと迷う人も多いです。
しかし、安易に専業を選択することはおすすめできません。
チャットレディを専業にする前に知っておきたいことを見ていきましょう。

チャットレディの月収は上下するもの

実際にチャットレディの仕事をしてみると、稼げるときもあれば稼げないときもあることがわかります。
大きく稼げたからと言って、ずっと稼ぎ続けられるわけではありません。
会社に勤務するOLさんなら、毎日会社に行って決められた時間働けば給料がもらえます。
しかし、チャットレディは出勤時間ではなく男性を捕まえていた時間だけが収入源です。
もちろん、稼げるアダルトをメインにしたとしても、継続して稼ぐことは簡単ではありません。
生活をしていくうえで安定収入は大切です。
安易に今の仕事を辞めてしまえば、稼げないときに辛い思いをするでしょう。

専業チャットレディの道は厳しい

チャットレディを専業でしている人は一握りです。
頑張れば稼げるチャットレディの仕事は、稼ぎ続けるためには頑張り続けることが求められます。
飽きられてしまえば収入が減ってしまうため、常連さんを作りつなぎとめる工夫か必要となります。
そして、副業としてチャットレディをするのと、専業に切り替えるのとでは大変さが違うことも、専業チャットレディの少なさに影響していると言えます。
やはり、事業主として確定申告をすることは大きな負担です。
会社員の給料と比べても、事業所得が税金面で不利なことに驚く人も多いでしょう。
自分で報酬額を計算し、経費を管理して、確定申告をし、社会保険料も支払うという一連の手続きを、自分だけで済ませなければなりません。
そのため、チャットレディをするなら気軽に稼げる副業を選択する人が多く、専業チャットレディの道は厳しいと言えるでしょう。

新宿のチャットレディなら本業よりも副業がおすすめ!

新宿でしっかり稼げる副業を探しているなら、チャットレディをおすすめします。
出勤時間を自由に選べて、サポート体制が充実している事務所なら、チャットレディとしての努力が収入につながりやすいでしょう。
分かりにくい税金の申告や社会保険の加入などのサポート体制があるチャットレディ アリスなら、各種手続きも支援してもらえて安心です。

数多くの店舗がある新宿でチャットレディの事務所選びに迷っている人は、体験入店から始めてみましょう。