節税は大事!チャットレディが少しでも税金を抑える方法とは?

  • 2022年12月5日
  • 2022年12月1日
  • 税金
  • 63view

節税は大事!チャットレディが少しでも税金を抑える方法とは?

チャットレディをするなら税金対策はきちんと行おう

高収入を稼げる仕事であるチャットレディ。だからこそ、所得税や住民税についても多く納める必要があります。

しかし、税金の額はやり方によっては減らすことも可能です。いわゆる節税と呼ばれるもので、これをするのとしないのでは税額が大きく変わってきます。

少しでも納める税金の額を減らすためには、節税について学ぶ必要があります。

この記事では、そんなチャットレディが納める税金を減らすための方法をいくつか紹介していきたいと思います。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

目次

  1. チャットレディが税金の節税を行うメリット
  2. チャットレディにおすすめの税金の節税方法
  3. チャットレディが税金の額を減らすためには経費が特に重要
  4. チャットレディの代理店では税金について学べる

チャットレディが税金の節税を行うメリット

チャットレディにとって大事になる節税。節税を行うメリットはさまざまです。

ここでは、節税を行う主なメリットについていくつか紹介していきたいと思います。

納める税金を減らせる

大きなメリットとして挙げられるのがこちらです。節税をすることで、納める税金の額を抑えることができます。

チャットレディはメールレディなどと比べて、高収入を稼ぎやすい仕事なので、それだけ納める税金も高額になります。普通に納税していては、納める税額が増えすぎてしまうのです。

節税を行うことで劇的に税額を抑えられるわけではありませんが、ある程度の節約には繋がるので、少しでも納める税額を減らしたいのなら節税を行うようにして下さい。

扶養内で働ける

チャットレディは主婦でもできる仕事です。しかし、主婦がこの仕事を行うとなると、どうしても扶養の問題が出てきます。

「扶養に入りながら仕事をしたいけど、稼げる仕事なので扶養から外れそう」と考え、この仕事を諦めてしまう主婦も多いです。

扶養に入れるかどうかは、その人の所得額で決まります。所得を抑える意味がある節税を行えば、扶養に入ったままこの仕事を続けることができるでしょう。

「旦那の扶養に入りながらこの仕事をしたい」と考えている人にこそ、節税をおすすめします。

確定申告が不要になる

確定申告はどんな人でも行わなければならないわけではありません。一定の金額以上の事業所得を得た場合に義務が発生します。

個人事業主としてこの仕事を行うのなら、基礎控除である48万円以下の所得の場合は所得税の確定申告書を提出する必要はありません。経費などを計上して所得を48万円以下に抑えられれば、面倒な確定申告をしなくてもいいのです。

チャットレディにとって確定申告は大きな負担になります。これを避けられるというのは、肩の荷が下りるような感覚を味わえるものでしょう。

また、専業チャットレディではなく会社で給与所得がある副業チャットレディは、所得が20万以下で確定申告が不要になります。

チャットレディにおすすめの税金の節税方法

そんなメリットだらけのチャットレディの節税ですが、節税はどのように行えばいいのでしょうか。

ここでは、チャットレディにおすすめしたいいくつかの節税方法を紹介していくので、是非チェックしてみて下さい。

経費を計上する

チャットレディの節税で最も大きな効果を得られるのがこちらです。この仕事をする上で認められる必要経費の項目は多く、まとまった額の経費を計上することができます。

この経費を忘れずに計上することで、所得額を大きく抑えることが可能です。「どんな出費が経費に計上できるか?」というのは後ほど紹介します。

大きな節税効果になるので、こちらは必ず忘れずに行うようにして下さい。

受けられる控除は全て受ける

控除と呼ばれるものが用意されており、所得額からこの控除額を差し引いて税額を算出することになります。この控除にはさまざまなものが用意されています。

  • 基礎控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 医療費控除
  • ひとり親控除

など、15種類の控除が用意されています。この中で受けられるものがあるのなら、忘れずに受けるようにしましょう。

中には、まとまった額の控除をしてくれるものもあり、これを受けるのと受けないのでは納める税額に大きな差が出てきます。

比較的わかりやすいものもあれば、誰が対象になるのか分かりづらい控除も存在します。「どんな控除があるのか?」「自分はどの控除を受けられるのか?」というのは、確定申告を行う前に一度チェックするようにして下さい。

青色申告を選ぶ

確定申告には白色申告と青色申告という2つの種類が用意されています。白色申告は、手軽な簡易帳簿でできるものですが、控除額が少なくなります。一方、青色申告は複雑な複式帳簿を求められますが、控除額が増えるというものです。

控除される額が多ければ多いほど、納める税額を抑えることができます。「できるだけ納める税金を減らしたい」という人は、青色申告を選ぶようにして下さい。

しかし、初めて確定申告を行う人がいきなり青色申告をするというのは、難しさを感じてしまうかもしれません。確定申告に自信がないのなら、いきなり青色を選ぶのではなく初年度は白色を行い、慣れてきたら青色に変えるというのも一つの手です。

チャットレディが税金の額を減らすためには経費が特に重要

チャットレディが行う節税の中でも、特に重要になるのが経費の計上です。この仕事をする上で必要な出費は多く、まとまった額の経費を計上することができます。

しかし、「どんな出費が経費にできるのか?」ということについてわからない人もいると思います。ここでは、そんな人のために経費にできる出費について紹介していくので、是非チェックしてみて下さい。

チャットレディの経費になる出費

在宅・通勤ともに共通する経費としては、化粧品代や美容院代が挙げられます。チャットレディは見た目が大事になる仕事です。見た目を良くするために購入するメイク品やヘアカット代は経費にできると考えられています。

また、この仕事について勉強するために購入した書籍代なども経費に計上可能です。

さらに、同じチャットレディをしている同僚たちと、仕事についてお話をするために行ったお茶代なども経費にできると考えられています。

在宅チャットレディの経費になる出費

在宅チャットレディは、仕事に使うものを自分で購入することが多くなるので、経費にできる出費もそれに比例して増えてきます。

  • パソコンやスマホ
  • 照明
  • ウェブカメラ
  • マイク
  • ウィッグ

など、仕事で必要なものを購入した費用は経費に計上可能です。特に、パソコンやスマホは高額になることがあるので、経費にするのを忘れないようにしましょう。

さらに、自宅で仕事をする在宅チャットレディは光熱費や家賃も経費に計上することができます。しかし、これらの出費はプライベートでも使っているものも含まれるため、按分が必要です。

全額経費にはできませんので、この部分には注意するようにして下さい。

通勤チャットレディの経費になる出費

通勤チャットレディが経費にできる出費は、在宅チャットレディよりは多くありません。

チャットルームに通うための交通費や、チャットルームを利用するのにお金がかかるのなら、その利用料は経費にできます。

後は、上記で紹介したような化粧品代や美容代、書籍代や交際費なども経費に計上可能です。

領収書を忘れずに保管しよう

経費に計上するためには、領収書が必要になります。また、この領収書は保管期間が定められているので、この期間内は失くさないようにしなければなりません。

経費の数が多ければ多いほど、領収書の数も増えてきます。出費ごとにファイルにまとめておくなど、その保管方法も大事になってきます。

チャットレディの代理店では税金について学べる

税金の話というのは、少々複雑なものであまり理解できていない人も多いと思います。そんな人におすすめしたいのが、チャットレディAlice新宿です。

こちらの代理店では、税金についてわからないことがあれば相談できる環境を整えてくれています。税理士からのアドバイスも受けられるので、所得控除や課税所得、雑所得などの馴染みのない単語もすぐに理解できるでしょう。

また、チャットレディAlice新宿では高単価で働けるので、チャットレディ収入を増やすことも可能です。高収入チャットレディになりたいのなら、チャットレディAlice新宿に登録して働くのがおすすめです。