チャットレディでも厚生年金に加入する方法!安心して働こう

  • 2021年6月18日
  • 2021年8月3日
  • 税金
  • 69view

チャットレディが厚生年金加入?その利点と方法が知りたい

チャットレディでも厚生年金に加入する方法!安心して働こう

チャットレディは業務委託の仕事のため、基本的には個人事業主として扱われます。個人事業主であることから、年金は国民保険や国民年金に加入するしかないというのが普通でした。国民年金を避けるためには、普段は会社員として働きチャットレディを副業とするというのが主流です。

しかし、現在一般的な会社員と同じように福利厚生を受けられる方法が存在しています。チャットレディのような高収入の仕事で福利厚生が受けられるというのは、願ってもない話ですよね。

今回はさまざまな福利厚生の中でも、厚生年金加入についてご紹介していきます。

目次

  1. チャットレディの本業化で厚生年金などの福利厚生を受けることが可能に
  2. チャットレディが厚生年金に加入する方法
  3. チャットレディが厚生年金加入を目指すなら

チャットレディの本業化で厚生年金などの福利厚生を受けることが可能に

今までチャットレディの仕事といえば個人事業主として働き、国民年金や国民健康保険に入ったり自分で確定申告をしなければならないというのが普通でした。そういった面倒なことをしなければいけないので、チャットレディを本業にするというのはなかなか勇気のいることでもありました。

在宅ワーク可能、年齢制限なしで働けるチャットレディを本業にしたいという人は多いでしょう。今までは自分で税金を納めるなどの面倒な手続きを覚悟しなければいけなかったのが、チャットレディの正社員化ができる代理店ができてきたのです。

短時間で効率チャットレディーの魅力はそのままにの魅力はそのままに、一般的な会社員と同じような福利厚生を受けられるのは多くの人にとって耳寄り情報なのではないでしょうか。正社員として本業化する利点について詳しくご紹介して行きましょう 。

国民年金と厚生年金の違い

そもそも国民年金と厚生年金の違いは知っているでしょうか。国民年金よりも厚生年金に加入した方がいいという話はちらほら耳に入ってきているかもしれません。その事実は聞こえてきても、なぜ厚生年金の方がいいのかという理由を知らない人も多いのではないでしょうか。

現在払っている年金によって、将来もらえる年金の額が変わります。さらに国民年金加入者の方が厚生年金に加入していた人よりも、貰える年金の額が少ないというのが現状です。国民年金の人は貰える年金の月額平均55,000円程度なのに対し、厚生年金の人は月額平均146,000円程受給することができています。人によって受給額は変わりますが、大きな差があることはわかるでしょう。

なぜそのような差ができてしまうのかというと、国民年金の場合令和3年度で、月16,610円の支払い額となっています。厚生年金の場合は支払保険料総額がさらに大きくはなりますが、会社が半分負担してくれるのです。そのため、支払総額に大きな差が生じてきます。会社員として働く方が、断然お得です。個人事業主として働く場合でもさらに年金額を増やすことは可能ですが、自分でお金をたくさん払わなければいけないので、正社員として働くことの方がお得ですよね。

本業化で厚生年金などの福利厚生を受けられる

会社員として働くことが将来的にもお得になるということであれば、チャットレディは副業として働くのが一番と思ってしまうかもしれません。しかし、福利厚生が充実したチャットレディ代理店は存在しています。正社員として働くことで厚生年金にも加入できますし、住宅手当や育児手当まで出る代理店まであるのです。

正社員として働く時に福利厚生を重要視する人は多いでしょう。福利厚生を重要視する場合、給料は少し妥協したり別のところで妥協したりとさまざまな妥協が必要になってきます。チャットレディの場合は高収入も福利厚生も諦めずに満足した働きができるのです。

所得控除もお得に

チャットレディを本業とする場合、今までは個人事業主として開業するなど様々な手続きが必要でした。個人事業主として働くのであれば、節税対策もしっかりとらなければいけません。

節税対策の中に所得控除を受けるという方法があります。個人事業主であれば、青色申告特別控除などの基礎控除が有名です。基礎控除の場合最初の手続きだけで控除が確定するので簡単ですが、勤労学生控除や扶養控除、配偶者控除などさまざまな控除はさらに手続きが必要です。

控除などの税金に関わることは、常に法改正が行われているのでその都度勉強しついていかなければなりません。青色申告控除も以前までは65万円の控除がありましたが、新たな要件を満たしていなければ55万円の控除しか受けられないということになってしまいました。

個人事業主の場合は仕事も頑張らなければいけないのに、こういった税金面での悩みも尽きません。法改正に常に目を光らせ、節税対策をしなければいけないのがネックとなります。

正社員になればそういった面倒なことからも解放されます。正社員の場合は報酬ではなく給料としてお金を受け取ることができるので、給与所得控除を受けることができます。給与所得控除を受けることで課税対象となる所得金額を下げることもでき、個人事業主で言う大きな経費削減となります。

年末調整もしてもらえるので確定申告の負担もなくなります。住民税や所得税の支払いなどの税金負担も軽くなり、仕事に集中することもできるのでより収入も上がるかもしれませんよ。

チャットレディが厚生年金に加入する方法

チャットレディが厚生年金に加入するためには、代理店事務所選びをしっかりすることが重要です。福利厚生を重要視するのであれば、とりあえずどこでもいいから代理店に登録しようというのは間違いです。

福利厚生が充実した代理店は、たくさんあるわけではありません。厚生年金に加入するためにどのような手順を踏めば良いのかをご紹介していきます。

正社員登用制度のある代理店を探す

チャットレディが厚生年金に加入したい場合、まずは正社員登用制度のある代理店を探すことから始めましょう。正社員制度があるのは大手代理店の場合が多いです。ここで代理店に登録することは絶対条件であって、在宅ワークとして自分で登録してしまうと個人事業主扱いとなってしまうので注意してください。正社員登用制度は代理店が用意した福利厚生です。

求人票に正社員登用制度と書いてあるところを探すといいでしょう。気になる代理店なのに書いていないという場合は、メールや電話、LINEなどで問い合わせてみてもいいかもしれません。

福利厚生内容の確認

せっかく正社員登用制度があっても、福利厚生の中に厚生年金への加入が含まれていない場合があります。代理店によっては固定給がもらえて収入が安定するだけで、社会保険加入は対象外という場合もあるので注意してください。

社会保険とは、厚生年金と健康保険を合わせたもののことを指します。厚生年金加入ができる代理店を探す際には、社会保険加入制度や厚生年金加入制度という言葉が入っているかどうかを見てみてください。少し分かりづらいという求人票であれば問い合わせをしてみてくださいね。

また、社会保険に加入するにはさまざまな条件が存在しています。1年以上働く見込みのある人、週に何時間以上働けるかなどの条件があり、自分は当てはまらないと思ってしまう人もいるかもしれません。こういったことは自分で調べて 自分で諦めるよりも、一度代理店に相談することをおすすめします。代理店はその辺のプロなので、その人に合った働き方に対してきちんと回答をしてくれますよ。

チャットレディが厚生年金加入を目指すなら

チャットレディが厚生年金に加入できるというのは、あまり多くは知られていません。目からウロコだった人も多いのではないでしょうか。本業を大切にしていて副業にしたいという人以外の場合、チャットレディーの仕事に集中できる正社員としての本業化はとてもおすすめです。

本業化するのであれば、まずは代理店探しをしなければなりません。何も情報がないところから代理店を探すのは大変ですよね。ただ代理店を探すのだけではなく、福利厚生についても調べなければいけないのでより大変かもしれません。

どうすればいいかもやっている人におすすめしたい代理店があります。チャットレディAlice新宿なら、正社員登用制度ももちろんありますし、厚生年金への加入制度も用意されています。

厚生年金の加入だけではなく、健康保険にも加入できますしその他福利厚生も充実しています。顧問税理士も付いているので、希望者は税金相談も親身にのってもらえますよ。自分で税理士事務所に相談する場合は、決して安くはない金額を払わなければならないのでとてもお得です。主婦や学生で扶養の範囲内で働きたいという人でも相談に乗ってもらえますよ。

衣装やウィッグのレンタル制度、稼ぐためのアドバイスなどサポートに関してはとても充実しているので、初心者にもおすすめです。少しでも気になったらアリスへ電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。