チャットレディの源泉徴収って?確定申告についても紹介

  • 2020年10月12日
  • 2020年10月12日
  • 税金
  • 58view

チャットレディと源泉徴収の関係について

女性の稼げる仕事として人気を集めているチャットレディ。チャットサイトで男性会員と楽しく話すだけで高収入を得られる仕事として年々、人気が上がっている職業です。

最近では、若い女性だけではなく子育て中の人妻などもチャットレディとして働き、少ない時間で多くの収入を得ています。

しかし、稼げるからこそ多くの税金を支払わなければならないのも事実です。稼ぎっぱなしというわけにはいかず、収入に応じて税金額は高くなります。稼げるチャットレディが支払う税金額というのも、他の仕事と比べてもちろん多くなってしまいます。

また、税金の額だけではなく、この税金の納め方について悩むチャットレディは多く、源泉徴収や確定申告などに馴染みがなく、この手の問題で苦しむようなチャットレディも多く見受けられます。

ここでは、そんな源泉徴収や確定申告といった、チャットレディの所得税などに関わる話について詳しく解説していきたいと思います。税金関係について悩んでいるチャットレディや、わからなくてお手上げ状態のチャットレディは是非参考にしてみて下さい。

目次

  1. チャットレディは源泉徴収ではなく確定申告が必要
    1. 確定申告って?
    2. 確定申告のやり方
    3. 確定申告をしないとどうなる?
    4. 経費や控除を上手く利用しよう
    5. 住民税の徴収方法にも注意!
  2. チャットレディが源泉徴収されない理由
    1. チャットレディのバレ防止
  3. チャットレディの源泉徴収の疑問は代理店に任せよう

チャットレディは源泉徴収ではなく確定申告が必要

大まかに分けて、働いて得る収入というのは「給与」と「報酬」に分けられます。給与ですと、源泉徴収をされるので自分で手続をしないでも所得税を納められるというものですが、報酬については自分で手続きを行って所得税を納める必要があります。

チャットレディが得る収入は、後者の報酬にあたり、源泉徴収がされない収入です。なので、チャットレディは源泉徴収ではなく、自分で毎年確定申告をする必要があります。

確定申告って?

この確定申告という言葉、実際にしたことがなくても誰もが一度くらいは聞いたことがあると思います。確定申告とは、1年間に得た所得金額を計算して、税金額を算出する手続きです。また、この算出した税金額は所得税として期間内に納める必要があります。

お金を稼いでいるなら誰でも確定申告をしなければならないというわけではなく、先程紹介した給与所得を1箇所だけから受け取っている場合は、会社が手続きを行ってくれるので、自分で確定申告をする必要はありません。

また、収入が基礎控除額の38万円以下の人や、副業収入が20万円以下の人は確定申告を行うのは義務ではありません。

なので、本業のチャットレディが38万円以下の収入だったり、副業のチャットレディが20万円以下の収入の場合は、確定申告をしなくてもいいということになるのです。

チャットレディで稼いだお金は絶対確定申告を行わなければならないということではないので、そのあたりは注意が必要です。

確定申告のやり方

確定申告をしたことがないチャットレディは、その確定申告という単語を聞くだけで複雑で難しいものを想像してしまう人も多いでしょう。しかし、確定申告自体はそこまで難しいものではなく、少し調べれば簡単に出来るものです。

チャットレディは、確定申告書Bというものを作成して確定申告を行います。その確定申告書を税務署に提出したら、その後は、所得税を実際に納めることになり、期限内に忘れてしまうと追加で税金を支払うことになるので、注意が必要です。

今はインターネットサイトに確定申告の情報がまとめられていたり、確定申告ソフトというものも用意されており、このソフトに必要事項を入力するだけで手軽に確定申告をすることが出来ます。自信がない人はサイトをチェックしたり、こういったソフトを使用して確定申告をしてみて下さい。

確定申告をしないとどうなる?

中には、「確定申告のやり方がわからないから確定申告をしない」だったり、「税金を支払うのが嫌だから確定申告をしていない」という人も存在します。

しかし、確定申告をして税金を納める必要がある人がこれをしないと、無申告加算税が加算される場合があります。本来支払う税金額よりも多くなってしまうので、必ず確定申告は行うようにしましょう。

また悪質なケースだと、罪になることもあるので、確定申告が必要ならば絶対に期限内までに行うようにして下さい。

経費や控除を上手く利用しよう

確定申告で支払う金は、その所得金額に応じて決められます。所得金額というのは、収入金額から必要経費を引いた額で、もらっている収入だけで税金額が決まるわけではありません。

必要経費というのは、その仕事をする上で必要になるもので、チャットレディでしたら電気代や通信費、さらにはチャットレディ専用のコスプレ衣装代などが経費として認められます。経費として認められるためには、領収書が必要になるので、必ず領収書は保管しておくようにしましょう。

また、控除というものも用意されています。基礎控除や所得控除など、控除にはいくつかの項目があるので、自分がどの控除を受けられるかのチェックは忘れずに行うようにしましょう。

また、「白色申告」をするのか、「青色申告」をするのかでも、受けられる控除に大きく差が出てきます。少しでも支払う税金の額を減らしたいのなら、必ず最大の控除を受けられるような手続きを行って下さい。

住民税の徴収方法にも注意!

確定申告をすると、住民税の支払いもしなければなりません。この住民税の支払い時に、チャットレディとして働いているのがバレることがあるので注意が必要です。

住民税の支払いには、給料から引かれる「特別徴収」と、自分で手続きを行って住民税を納付する「普通徴収」という2つの方法があります。

副業でチャットレディをしているなら、この住民税の徴収方法が通常、特別徴収になっていることがほとんどです。そのまま特別徴収で住民税を支払ってしまうと、本業の会社にチャットレディで働いているのがバレることがあります。

なので、副業でチャットレディとして働くなら、必ず住民税の徴収方法を普通徴収に変更するようにしましょう。

チャットレディが源泉徴収されない理由

源泉徴収されるなら税金の手続きも楽に進められるのに、「なぜチャットレディは源泉徴収がされないのか?」という疑問を持つ人も多いでしょう。ここでは、そんなチャットレディが源泉徴収をされない理由について触れていきたいと思います。

チャットレディのバレ防止

源泉徴収をしない一番の理由は、やはりチャットレディの身バレを防ぐことにあります。先程、副業としてチャットレディで働いている人は、住民税の支払い部分で、副業収入があることが本業の会社にバレることがあると紹介しました。

住民税の徴収方法は、2箇所から給与所得を受けている人は、基本的には出来ません。なので、先程紹介した「普通徴収に変更する」というやり方が出来ず、本業の会社にチャットレディとして働いているのがバレるリスクが大きくなってしまうのです。

しかし、チャットレディの収入が事業所得や雑所得でもらえる場合は、住民税の徴収方法を変更できるので、会社にバレることもなくなります。

チャットレディの運営会社は、チャットレディで働いている女性のことを第一に考え、身バレや会社バレを防げるように源泉徴収されない方法で報酬を支払っているのです。

チャットレディの源泉徴収の疑問は代理店に任せよう

税について知識がない人にとって、源泉徴収や確定申告などは少しばかりとっつきにくいものでもあります。だからといって、これらを放棄するのも社会人としていけないものです。

「税金について全くわからない」と考えている人は、チャットレディの代理店に入り、その代理店に税金関係のこと全てを任せるのをおすすめします。チャットレディの代理店に入ること

で、税金関係の問題を全て代理店に任せることが出来るので、自分はチャットレディの仕事だけに集中することが出来るのです。

特に、チャットレディAlice新宿は、チャットレディの税金の問題をスムーズにクリアにしてくれます。わからない部分があれば丁寧に説明してくれますし、副業のチャットレディが本業の会社にバレないようなテクニックなども教えてくれるのです。

他にも、チャットレディAlice新宿でチャットレディとして働くことで、多くのサポートを受けられます。お客様とのトラブルなども間に入って仲裁してくれたり、稼げるチャットレディになるための秘訣なども教えてもらうことが可能です。

快適にチャットレディとして働いて、多くの収入を得たいなら、チャットレディAlice新宿で働いてみて下さい。