チャットレディは源泉徴収票をもらえる?税金事情を解説します

  • 2021年12月25日
  • 2021年12月14日
  • 税金, 給料
  • 115view

チャットレディは源泉徴収票が必要になる仕事なの?

会社に勤めたことがある人ならわかると思いますが、所得税などの税金の納税は会社が全て行ってくれます。源泉徴収というものがなされ、給料から天引きして納めることになるのです。

では、チャットレディはどうなのでしょうか。チャットレディをするのなら会社に勤めるものではなく個人で行います。この場合は源泉徴収をされるのでしょうか。

この記事では、そんな「チャットレディは源泉徴収をされるのか?」という部分と、チャットレディが悩む部分である確定申告について解説していきたいと思います。「税金関係の知識が全くない」という人は是非参考にしてみて下さい。

目次

  1. チャットレディなら源泉徴収票や確定申告などの税金について理解しておこう
  2. チャットレディに知って欲しい!源泉徴収票とは?
  3. チャットレディは源泉徴収票は不要だが確定申告をする必要がある
  4. チャットレディの代理店で源泉徴収票や確定申告を学ぼう!

チャットレディなら源泉徴収票や確定申告などの税金について理解しておこう

チャットレディは個人事業主です。所得税などに関することは全て自分で手続きをしなければなりません。これを怠ってしまうと、税務調査に入られたり、追加で多くの税金を納める必要があります。

チャットレディをする女性たちが最も悩むと言っても過言ではない確定申告。直前になって調べ出すのではなく、事前にどういうものなのかチェックしておくようにしましょう。

また、住民税なども自分で納めることになります。会社員なら給与所得から天引きされていましたが、個人事業主はそうはいきません。チャットレディをするのなら「どんな税金を納めるのか?」というのを理解しておくようにしましょう。

チャットレディに知って欲しい!源泉徴収票とは?

会社に勤めたことがない人は、源泉徴収という言葉自体を理解していない人もいるでしょう。ここでは、まずは源泉徴収の説明や、源泉徴収票について解説していきます。

源泉徴収は給料から税金を天引きするもの

お金を稼いだのなら所得税を納める必要があります。稼ぎっぱなしというのはダメで、稼いだ額から何割かを納めることを求められるのです。

会社の従業員として働いていた人は、所得税は会社の給与から天引きされていました。過去に会社員をしていた人は、「所得税を納めた記憶がない」という人も多いでしょう。しかし、全て会社がこれを納めてくれていたのです。

毎年12月になると源泉徴収票をもらえ、どれくらいの所得税を納めたのかを知る事ができます。その後、実際に払うべき税額と一致させる年末調整というものを行います。

チャットレディは源泉徴収がない

しかし、チャットレディの仕事をするなら個人事業主として行うことになります。ライブチャットサイトや代理店からもらえる給料は所得税などが天引きされたものではありません。自分で納める必要があるのです。

事業所得者であるチャットレディと、給与所得者である会社員の違いはここにあります。

チャットレディは源泉徴収票は不要だが確定申告をする必要がある

チャットレディは源泉徴収はされません。所得税については自分で確定申告をする方法で納税を行います。

この確定申告は、チャットレディが非常に悩む部分でもあります。毎年、確定申告の時期になると仕事をしている暇がないくらい忙しくなるチャットレディも多く、慣れていない人は書類に囲まれて、あたふたするような日々を送ることになるでしょう。

確定申告を簡単に紹介

確定申告とは、決められた期間内の収入や支出を計算して所得を算出し、申告手続きをするというものです。「自分はこの1年でこれだけ稼いで、これだけの経費を支出して、これだけの税金を納めます」という申告を税務署に対して行うものになります。

確定申告書を自分で作成して税務署に提出することになり、この確定申告書の作成方法に悩む人が多いのです。

確定申告には、白色申告や青色申告があり、さらには基礎控除があったり扶養の関係があったりと、悩む要素が至るところにあります。また、副業でチャットレディを行っている人は本業との兼ね合いもあり、多少の煩わしさも感じてしまうでしょう。

忘れたらどうなるの?

確定申告を行う期間は、毎年2月半ばから3月半ばまでと決められています。この期間に確定申告書を提出し、それに伴う所得税を納める必要があるのです。

この期間に間に合わなかったり、確定申告自体を忘れてしまったりした場合は、ペナルティを受けることになります。「無申告加算税」や「延滞税」を納める必要があり、本来納める税額以上の額を納めることになるのです。

チャットレディは高収入を得られる仕事です。だからこそ、忘れてしまったり無申告の場合に追加で納める税額がかなり高額になります。「無申告加算税や延滞税の請求が来たが、高額すぎて納められない」ということにならないように、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

なぜチャットレディはこんなに確定申告に悩むの?

これまで確定申告をしたことがない人の中には、「確定申告は難しいもの」というイメージを抱いている人も多いです。難しいという先入観を持ってしまうことで、より難解なものに感じてしまう人もいるでしょう。

また、毎年期限ギリギリに確定申告書を作り始める計画性がないような人もいます。期限の前日に寝ずに支払調書や領収書とにらめっこをするような人も多いのです。

確定申告の期間はおよそ1ヶ月あります。ギリギリに行うのではなく、開始期間になったらすぐに始めることで、余裕を持って確定申告を終わらせられます。また、日頃から帳簿を付けておいたり、領収書をまとめておくことでさらに余裕を持って確定申告を進められるでしょう。

確定申告は意外と簡単なもの

初めて確定申告をする人におすすめなのが、クラウド会計ソフトです。『freee』や『マネーフォワード』というクラウド会計ソフトを使うことで、すぐに確定申告を終わらせることができます。

収入と支出を家計簿感覚で入力するだけで確定申告書の作成ができ、早い人だと1日で終わらせることも可能です。

「確定申告=難しい」というイメージを持っている人でも、クラウド会計ソフトを使って確定申告をすることで、「意外と簡単だったんだ」と感じる人も多いです。時間や手間をかけずに確定申告を終わらせたい人は、クラウド会計ソフトを使って確定申告を進めていって下さい。

確定申告が不安なら税理士に依頼しよう

それでも「自分には確定申告は難しそう」だと感じる人もいると思います。そんな人は、自分で行うのではなく税理士に依頼するのがおすすめです。

支払調書や領収書を丸投げするだけで税理士が確定申告を進めてくれるので、悩む必要もなくなります。

確定申告について調べる時間をチャットレディの仕事をする時間に回せるので、その期間も収入を維持できるでしょう。どうしてもこの時期というのは、確定申告で忙しくなるので収入が落ち込むことが多くなります。収入を落とすのが嫌な人は、税理士に依頼することをおすすめします。

代理店の中には税理士と顧問契約を結んでいるところもある

チャットレディの代理店の中には、税理士と顧問契約を結んでいるところもあります。このような代理店に登録することで、自分で税理士に依頼することなく確定申告のサポートを受けられます。

顧問契約費用は代理店が払っているので、新たに費用を支払う必要もありません。お金をかけずに確定申告を終わらせたいのなら、税理士と顧問契約を結んでいるチャットレディの代理店に登録してみて下さい。

チャットレディの代理店で源泉徴収票や確定申告を学ぼう!

税理士と顧問契約を結んでいる代理店を選びたいのなら、チャットレディAlice新宿がおすすめです。こちらの代理店では、毎年確定申告の時期になると忙しくなるチャットレディのために、多くのサポートを用意しています。

収入証明や所得証明書のお話についても詳しく聞けるので、税金関係のことについて悩むこともなくなるでしょう。

また、多くのボーナスを用意しているので、他の代理店に登録するよりも何倍も稼ぐことができます。働く時間に限りがある副業チャットレディでも、高収入を稼げるというのはチャットレディAlice新宿の魅力の一つでもあります。

他にもチャットレディに対する多くのサポートを用意しています。手厚いサポートを受けながら快適な環境で働きたいのなら、チャットレディAlice新宿を選んでみて下さい。