チャットレディでも確定申告は必要?税金の仕組みと確定申告のやり方ガイド

  • 2021年9月10日
  • 2021年9月7日
  • 税金
  • 8view

チャットレディでも確定申告は必要なの?

ャットレディでも確定申告は必要?税金の仕組みと確定申告のやり方ガイド

確定申告は一定以上の所得があれば、必ず行わなければなりません。
確定申告をしなかった場合、脱税とみなされてしまうケースがあるので注意が必要です。
近年、脱税したと報道された芸能人は何年も確定申告を怠ってのものでした。
その芸能人は、通常よりも多くの税金を課されてしまっており、確定申告をしなかったペナルティが発生したことが分かります。
会社勤めの場合、自分で確定申告をしなくても会社で年末調整してくれるので税金の申告と納付額が決定されます。
しかし、チャットレディの場合本業か副業かにもよりますが、その多くはサイトに登録して仕事をすることで運営会社から報酬を得られる仕組みとなっています。
そのため、個人事業主として申告しなければなりません。
今回は、チャットレディが確定申告するために必要な税金の仕組みについての知識と確定申告のやり方を解説していきます。
今後、新宿でチャットレディをしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 確定申告はなぜ必要なの?
  2. 確定申告が必要となる基準
  3. チャットレディの確定申告のやり方
  4. 税理士に相談するのもおすすめ
  5. 確定申告のサポートが受けられるチャットレディAlice新宿店

確定申告はなぜ必要なの?

そもそも確定申告が何のために必要となるのか分からない方も多くいます。
確定申告は、1月1日から12月31日までの1年間で得られた収入だけでなく、支出、医療費などの計算をして申告することで、納税する金額が決定される流れを指します。
つまり、納税する金額を決めるために必要な手続きです。

確定申告をサボらない!

書類作成などが面倒で、ついサボりたくなってしまう気持ちも分かります。
しかし、確定申告をサボってしまうと本来納めるべき税金が納められていないとして、大きな問題になってしまいます。
例えば確定申告をしなかった場合、それがバレた時点で「無申告加算税」という罰金を支払わなくてはなりません。
これは納めなくてはいけなかった税額に応じて税率が変化します。
50万円未満なら15%、50万円以上なら20%です。
また、7.3~14.6%の延滞税が自動的に加算されていき、放置すればするほど後で支払う金額も大きくなります。
しかもこの確定申告で所得をわざと低く見せたり、売上を隠したりしようとするなど、その行為が悪質だと判断されれば罰則+刑事罰を科せられる場合もあります。
サボる程度で刑事罰になることはほとんどありませんが、それでもより多くの税金を支払わないといけなくなるので、必ず期限内に提出するようにしてください。

確定申告が必要となる基準

チャットレディで収入を得た場合でも、確定申告が必要になる人と別に提出しなくてもいい人に分けられます。
確定申告が必要となる基準はどのようなケースでしょうか?

確定申告が必要になる人

基本的に、1年間の所得金額から所得控除を差し引いた時に出た金額がプラスになる人は確定申告を行う必要があります。
ただし条件によってはプラスになっても確定申告が必要になる場合とそうでない場合に分かれます。
チャットレディは個人事業主という扱いになるため、年間所得が48万円以上になった場合は確定申告を行う必要があります。
その他にも、災害減免法などを利用して所得税の軽減・免除になっている人も確定申告が必要になります。

確定申告の提出が不要な人

一方、確定申告の提出が不要になるのは、事業所得が48万円以下の場合に加え、本業で会社に勤めており年末調整を実施している場合や副業でチャットレディを始めて年間20万円未満の場合です。
また、公的年金の受給者で年収400万円未満、かつ源泉徴収を受けている場合も提出する必要がありません。

提出不要でも確定申告をした方が良いケースも

確定申告を提出しなくて良い人も、確定申告をした方が良いケースも存在します。
例えば事業としてチャットレディを始めたのに、所得が赤字になった場合は確定申告をすると還付を受け取れたり、住民税で考慮されたりする場合もあるのです。
提出不要でも確定申告をした方が良いケースもあることを理解しておきましょう。

チャットレディの確定申告のやり方

チャットレディをスタートしてから初めて確定申告を提出するとなると、自分では不安に感じる部分があるかもしれません。
そこで、確定申告のやり方・進め方を具体的にご紹介していきます。
初めての確定申告で不安な部分が多い人は、ぜひ参考にしてみてください。

確定申告を提出する期間

確定申告を提出する期間は事前に決められています。
基本的には当年1月1日~12月31日までの1年間で得た所得を、翌年2月16日~3月15日までの1ヶ月間に申告することになります。
例えば2021年分の所得は、2022年2月16日~3月15日までに確定申告書を提出させなければいけません。

必要書類を準備しよう

確定申告を行うには、まず必要書類を準備します。
副業でチャットレディを行っていて会社から給料ももらっている人は、会社の源泉徴収票も用意しておきます。
また、医療費を支払ったことが分かる領収書や源泉徴収票には記載されていない社会保険料の控除証明書、生命保険料の納付証明書などが必要です。

確定申告書に記入する

必要書類が準備できたら、確定申告書に記入していきます。
確定申告書は税務署で手に入りますし、国税庁のホームページからもダウンロード可能です。
申告書にもA(白色申告書)とB(青色申告書)の2種類があります。
チャットレディの仕事を本格的に始めていて、経費も計上し事業所得にしたい場合にはBの青色申告書を選びましょう。
申告書には収入・所得・所得控除・税額の計算・納税額を記入する項目があるので、すべて埋めていきます。
これらの項目を記入するためにも、年間収入を把握できる書類や経費の領収書などは必ず保管しておいてください。

税務署に提出する

すべての項目を問題なく記入したら、あとは税務署に提出するだけです。
所轄の税務署窓口へ提出するのも良いですし、郵送でも提出できます。

税理士に相談するのもおすすめ

確定申告のやり方についてご紹介してきましたが、実際にやってみるとどの項目に何を記入すればいいのかいまいち分からない部分が出てきてしまうかもしれません。
最近は優秀な会計ソフトもあるため、そういったソフトも活用すればもっと簡単に確定申告書を作成できますが、いくら会計ソフトでもやはり入力するのは自分自身なので不明点が出てくることもあります。
どうしても確定申告を作成している時に分からないことがあれば、税理士へ相談してみましょう。
税理士はいわば確定申告のプロとも呼べる存在なので、どこに何を記入すれば良いのかも把握しています。
また、最初からすべて税理士にお任せすることも可能です。
税理士に相談したり、すべて任せたりすることでお金はかかってしまうものの、記入を間違えて再提出にならないようにするなら、初めから税理士に依頼するのも良いでしょう。
しかも税理士のサポートによって節税効果を得られる可能性もあります。
確定申告のやり方が分からない時は、ぜひ税理士にも相談してみてください。

確定申告のサポートが受けられるチャットレディAlice新宿店

今回はチャットレディの確定申告のやり方についてご紹介してきました。
確定申告は必要な人・不要な人に分かれるものの、経費を差し引いた時に赤字所得になった場合に繰り越し控除や繰り戻し還付を受けられることから、青色申告書を提出した方が良いケースもあります。
さらに青色申告を提出すると必要条件を満たした場合に特別控除を受けることができます。
このように、節税効果を十分に得たい方は青色申告書を税務署に提出するのがおすすめです。
ただし、そうは言っても内容が難しく、どうすれば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。
そんな時にぜひ利用してほしいのが、チャットレディAlice新宿店です。

チャットレディ代理店となるAlice新宿店では、顧問税理士から税金問題に関するサポートが受けられるようになっています。
確定申告のアドバイスはもちろん、節税するための対策方法なども知ることができるため、一人で問題を抱えずに済みます。
また、未経験でも働きやすいように一からサポートしてくれたり、一人ひとりに合わせて稼ぎ方のアドバイスもしてくれたりと、様々なサポートが魅力的な代理店です。
確定申告だけでなく、一人でチャットレディの仕事を始めることに少しでも不安を感じている方は、ぜひチャットレディAlice新宿店を利用してみてください。