チャットレディをするなら税金対策をしよう!確定申告で経費計上できる項目は?

  • 2023年5月3日
  • 2024年2月6日
  • 税金
  • 256view

節税方法を紹介!チャットレディをするなら税金対策をしよう

チャットレディは税金対策が大事になる

チャットレディは、報酬が高いことで有名ですが、仕事でお金を稼いだのなら、納税をしなければなりません。チャットレディをするのなら、所得に応じて所得税や住民税が決まります。

チャットレディは個人事業主として働くので、確定申告をして納税をします。会社員と違って源泉徴収はないので、この部分には注意するようにしましょう。

高収入を稼げるチャットレディは、それだけ納める税金も増えてしまいます。そのため、税金対策が大変重要になります。税金対策をするのとしないのでは、納める税額が大きく変わってくるので、「少しでも税金を減らしたい」という人は、税金対策を忘れないようにして下さい。

この記事では、そんなチャットレディに参考にして欲しい税金対策についての情報を解説していきます。

目次

  1. チャットレディに税金対策が必要な理由
  2. チャットレディの税金対策は経費の計上がおすすめ
  3. チャットレディは控除を受けることで税金対策になる
  4. チャットレディが税金対策をするなら税理士に相談しよう
  5. チャットレディの代理店で税金対策を学ぼう

チャットレディに税金対策が必要な理由

所得税などの税金は、所得に応じて納める額が変わります。チャットレディは高収入を稼げる仕事なので、それだけ納める税金が増えるのです。

何も対策をしないで普通に税金を納めていては、大きく損をすることがあります。

また、確定申告は誰もが必ず行わなければならないものではありません。専業チャットレディの場合、所得金額が48万円以下なら確定申告は不要です。節税をすることで、所得をこの48万円以下に抑えられることもあります。

チャットレディにとって、確定申告書の作成は大きな負担になるものです。これをしなくていいというのは、気が楽になるでしょう。

税金対策は、高収入を稼いでいるチャットレディだけではなく、所得が少ないチャットレディにも是非行ってほしいことでもあります。

チャットレディの税金対策は経費の計上がおすすめ

チャットレディにおすすめの税金対策は、経費の計上です。さまざまなものが経費として認められるので、これを計上することで所得を抑えることができます。

ここでは、経費について詳しく解説していくので、是非参考にしてみて下さい。

経費を計上するメリットは?

税金の計算は事業所得や雑所得を含めた所得で行われます。収入から必要経費を引いた額が所得額になり、ここから税金の計算が行われるのです。

チャットレディで1000万円稼いだ場合、経費が300万円かかったのなら所得は700万円になります。この700万円をもとに税金の計算を行います。経費を一切計上しないと、収入の1000万円がそのまま所得になってしまうので、税額も上がってしまうでしょう。

経費は所得を減らすために大変重要な役割を担っているのです。

経費の考え方

経費をたくさん計上すれば税額を減らせるということで、「関係ない出費まで経費にすればいい」と考える人がいますが、これは絶対にやめるようにしましょう。

経費は仕事をする上で必要な出費のみしか認められていません。チャットレディの場合、配信をする上で必要な出費しか経費にできません。

配信で着用する衣装は経費にできますが、プライベートで着るだけの洋服代は経費にできません。この部分はしっかり理解するようにして下さい。

チャットレディの仕事で経費に認められる出費

チャットレディは、さまざまなものが経費として認められています。

まずは、配信を行うための機材です。パソコンやウェブカメラ、照明やマイクなどは問題なく経費に計上することができます。

また、先程紹介したように配信で着用するために買った衣装やウィッグなども経費に計上可能です。在宅チャットレディならさらに経費にできる範囲が広がり、家賃や光熱費、ネット通信費も認められます。

通勤チャットレディなら、チャットルームまでの交通費やチャットルームの使用料も経費にできると考えられています。

経費にできるか悩んだときはどうしたらいい?

経費にできるかどうかは、「税務署にきちんと説明できるかどうか?」が大切です。仕事に関係ありそうなものでも、「どう関係あるのか?」ということを明確に示せないと、経費を否認されてしまうこともあります。

経費にできるかどうかで悩んだときは、「税務署の職員に明確な説明ができるか?」というところを考えた上で決めるのがいいでしょう。

按分が必要なものもある

経費にできるもの中には、家賃や光熱費のように完全に仕事だけの出費ではないものもあります。このように、プライベートにも影響する出費は家事按分を行う必要があります。

仕事で使っている割合とプライベートで使っている割合を算出し、仕事分のみ経費に計上するようにしましょう。

例えば、仕事で使っている部屋の割合が3割なら、家賃の3割分のみ計上することができます。全額経費にしたほうが所得を抑えられますが、これは税務署から指摘を受けることになるので、やめるようにして下さい。

領収書の保管は義務

確定申告書を提出する際に一緒に領収書を提出する必要がありませんが、保管の義務はあります。白色申告なら5年間、青色申告なら7年間保管しなければならないので、失くさずにファイルなどにまとめておくようにしましょう。

領収書は税務調査が入ったときに必要になります。失くした場合は経費として認められず、追加で税金を納めることになるので注意が必要です。

チャットレディは控除を受けることで税金対策になる

チャットレディにおすすめしたいもう一つの税金対策が控除です。基礎控除など、さまざまな控除が用意されており、こちらが適用されることで納める税額を抑えられます。

ここでは、そんな控除について解説していきたいと思います。

確定申告は青色申告を選ぼう

確定申告には白色申告と青色申告の2つの方法が用意されています。白色申告は手軽にできるもので初心者におすすめです。青色申告は多少手間がかかりますが、控除額が増えます。

青色申告特別控除を受けることで、最大65万円の控除を受けられるので、「納める税金を減らしたい」という人は青色申告がおすすめです。

しかし、青色申告は事前に承認を受けなければ認められません。青色申告承認申請書を出さなければならないという点だけは、頭の中に入れておくようにしましょう。

自分が受けられる控除があるか調べるのが大事

控除の中には、基礎控除といった誰でも適用されるものから、ひとり親控除のような特定の人にだけ適用されるものもあります。

中には、自分から申請しなければ適用されない控除もあり、これを忘れてしまうと損をしてしまうでしょう。

用意されている控除を確認し、自分に適用されるものがあるのなら、自分から受けに行く必要があります。

チャットレディが税金対策をするなら税理士に相談しよう

これまであまり税金について触れてこなかったチャットレディにとって、税金対策は未知の世界でもあります。確定申告のやり方がわからなかったり、給与所得控除がどんなものかわからなかったりと悩む場面も多いです。

そんな人は、税理士に相談するのをおすすめします。わからないまま、自分で確定申告を作成してしまうと、ミスをしてしまうこともあります。そうなると、ペナルティとして追徴課税を受けてしまうでしょう。

また、確定申告のやり方がわからないからと、確定申告をしないような女性もいます。これでは無申告加算税を課されてしまうので、通常納める税額を遥かに超える納税をしなければなりません。

税理士は税金についてのプロです。わからないことがあるのなら相談するようにしましょう。

チャットレディの代理店で税金対策を学ぼう

税金対策について深く学びたいのなら、チャットレディの代理店に登録するようにしましょう。代理店の中には税理士と顧問契約を結び、登録している女性たちの税金のサポートをしているところもあります。

代理店に登録するなら、おすすめはチャットレディAlice新宿です。チャットレディAlice新宿は口コミ評判もいいので、快適に働けるでしょう。

用意しているチャットルームも綺麗ですし、設備も整っています。研修などを積極的に行っているので稼ぎやすい代理店としても知られています。こちらの代理店に登録することで、本業チャットレディだけではなく、副業チャットレディでも高収入を稼げる可能性が高くなるでしょう。

また、親身になって相談に乗ってくれるスタッフもいるので、何かあったときでも安心です。

「稼げる代理店に登録したい」「安全に働ける代理店を探している」という女性は、是非チャットレディAlice新宿を選んでみて下さい。