チャットレディは領収書が大事!宛名の書き方も解説します

  • 2021年10月14日
  • 税金
  • 57view

チャットレディの経費について解説|領収書の宛名は?

チャットレディは領収書が大事!宛名の書き方も解説します

チャットレディの仕事をする上で必要なものは、必要経費として計上することができます。経費として計算することで、納める税金の額を抑えられるので、できるだけ損をしたくない女性は、仕事に使うものを購入した場合は経費として計上するようにしましょう。

しかし、何でもかんでも経費にできるわけではありません。また、領収書やその宛名が無ければ経費にできない場合もあります。

この記事では、チャットレディの経費について紹介していきたいと思います。また、領収書の必要性についても解説するので、是非参考にしてみて下さい。

目次

  1. チャットレディの経費って?領収書や宛名があれば節税可能
  2. なぜチャットレディは領収書が必要なの?|宛名も重要
  3. チャットレディで領収書をもらう際の注意点|宛名を忘れない
  4. チャットレディの代理店で領収書の宛名の疑問を解決!

チャットレディの経費って?領収書や宛名があれば節税可能

これまで会社勤めやバイトやパートをしてきた女性には、経費というのはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

まずは、この経費についてわかりやすく解説していきたいと思います。

チャットレディは自分で確定申告をする

お金を稼いだのなら、何割かを税金として納める必要があります。稼いだら稼ぎっぱなしというわけにはいかず、確定申告書を作り、所得税や住民税を納める必要があるのです。

会社勤めやバイトやパートの場合は、所得税などの納税は勤務している会社がしてくれていました。給料明細などに、おそらくその旨の記載があったと思います。

しかし、チャットレディとして働くのなら、この作業を自分で行う必要があります。決められた期日までに自分でイチから確定申告書を制作し、自分で税金を納めなければなりません。

仕事で必要なものを購入したなら経費にできる

納める所得税などは、その年に稼いだ所得を算出して、そこから何割かを納税することになります。

所得というのは、『収入から必要経費分を引いた額』というものです。必要経費分を引くことで支払う税金の額を抑えられるので、面倒だからとこの経費を計上しないと損をすることになります。

チャットレディをするのなら、経費として認められるものが多くなります。また、その経費の額も多くなるので面倒だと思わずにしっかりと計算をするようにしましょう。

チャットレディの経費になるもの

チャットレディをするなら、いくつか必要になるものがあります。これらのものは基本的に経費として計上することが可能だと考えられているものです。

  • 仕事で使うパソコン代金
  • 明かりで盛るためのスタンドライト代金
  • ネット通信費
  • 電気代
  • 特別な日に着るコスプレ衣装
  • 身バレ対策のために使うウィッグ

など、この他にもチャットレディの仕事で経費として認められるものはたくさんあります。これらのものを購入したり、支払った場合は必ず領収書やレシートをもらうようにしましょう。

なぜチャットレディは領収書が必要なの?|宛名も重要

経費として認めてもらうためには、その購入した証拠や利用料金や費用を支払った証拠が必要になります。何でもかんでも経費として計上できるわけではなく、支払ったお金や利用金額の証拠がある場合のみ、経費として計上できるのです。

その証拠が領収書です。ここでは、そんな領収書について解説していきたいと思います。

領収書は絶対もらおう

これまで自分で確定申告をしたことがない人は、領収書をもらう癖がついていないかもしれません。

「チャットをするときに使うものを買ったけど領収書をもらうのを忘れた」という経験、この仕事をしていると誰しもが一度はあると思います。そうなると経費として計上できなくなるので、領収書は絶対にもらうのを忘れないようにしましょう。

領収書の保存期間は決められている

もらった領収書は決められた期間、自分で保管しなければなりません。保管が必要な期間は、行う確定申告の種類によって変わってきます。確定申告には白色申告と青色申告があり、それぞれ控除額などが変わる2つが用意されているのです。

個人事業主は、原則以下の保管期間が定められています。

  • 白色申告の場合は5年
  • 青色申告の場合は7年

この期間、しっかりと領収書を保管する必要があります。特に、青色申告の7年というのは、結構な年月になります。「あれ?どこに保管していたっけ?」とならないように、その年ごとに分けたり、費用ごとに分けたりすることで、ごっちゃにならずに保管することができるでしょう。

確定申告で提出する必要はない

初めて確定申告をする人は、「確定申告書を提出するときに一緒に領収書も提出する」と勘違いしている人もいます。確定申告書を提出するときは、一緒に領収書の提出までは求められません。

「どうやって領収書を提出すればいいの?」と勘違いして悩む人もいるので、この点は十分理解するようにしましょう。

税務調査が入ったときに必要になる

では、どのタイミングで領収書が必要になるのでしょうか。領収書が必要になるタイミングは、主に税務調査が入るときです。

税務調査というのは、その人の税務状況などを調べるもので、簡単に言えば「きちんと納税しているかのチェック」のようなものになります。このときに、経費として計上した額を確かめることがあり、そこで領収書が必要になるのです。

領収書を保管していないと、そのお金を本当に支払ったという証拠を提出できません。そうなると、追加で計算し直して税金を納め直す必要もあるので、注意が必要です。

チャットレディで領収書をもらう際の注意点|宛名を忘れない

ここでは、実際に領収書をもらう際に注意することをいくつか解説していきます。特に、宛名を忘れてしまう人は多いので、この部分には気を付けて下さい。

プライベートな出費と混ざった場合はどうしたらいい?

お買い物をするときに、仕事で必要なものの購入とプライベートで使うものの購入が一緒になることがあります。会計を別にすればわかりやすいのですが、2度会計をすることになるので、お店の人にもいい顔はされません。

基本的には、仕事で必要なものとプライベートで必要なものの購入が一緒の会計になっても問題ありません。レシートなどをもらったら、その品物がチャットレディの仕事で使うものなのかをペンでチェックすればいいので、お会計を分けることまではしなくてもいいでしょう。

おすすめの保存方法

先ほども紹介した通り、領収書は最大で7年間、保管することになります。経費になるものをいくつも買っていると、発行してもらった領収書がごっちゃになってしまうこともあるでしょう。

「どこに領収書を保管しているのかわからなくなる」ということになると、確定申告時に面倒な手間がまた1つ増えてしまいます。

領収書を保管するときは、まずは年度別に分けるのがおすすめです。同一年の領収書はまとめておき、他の年との領収書と混ざらないようにして下さい。領収書の数が少ない人は、封筒を用意して、何か購入して領収書を発行してもらったら、すぐにそこに入れるようにするのがいいでしょう。

宛名は自分の名前でOK

領収書をもらうときは、宛名も必要になります。お店の人に、書いて欲しい宛名を伝えることで、店員がそれを記載してくれるのです。

開業届けなどを出して屋号があるチャットレディは、その屋号を記載してもらうようにしましょう。

もし、開業届けを出していなかったり、屋号を決めていない人は、自分の名前で構いません。

チャットレディの代理店で領収書の宛名の疑問を解決!

チャットレディには、代理店や事務所というものが用意されています。この代理店や事務所では、チャットレディに対する多くのサポートを提供しており、そこに登録することで快適に働けるのです。

特に、チャットレディAlice新宿という代理店では、いくつものチャットレディに対するサポートガイドを用意してくれています。

「顧問税理士を用意して確定申告の相談ができる環境を作る」「社会保険や扶養の理解を深めるためのサポート」などもしています。

また、「ライブチャットサイトを利用するお客さんに好かれるチャットレディになる方法」なども解説しているので、より多くの報酬を稼げるチャットレディになれるでしょう。本業だけではなく、副業でも稼いでいる女性がたくさん在籍しています。

「稼げるチャットレディになりたい」という女性は、是非チャットレディAlice新宿に登録して、そこで思う存分稼いでみて下さい。