新宿チャットレディ必見!効率的なアタックメールの書き方は?

効率的なアタックメールの書き方

稼ぎが良いチャットレディはアタックメールを使っている!

新宿でチャットレディをしている人で、新人期間の時よりも稼ぎが少なくなったという人は少なからずいるでしょう。
新人期間はライブチャットサイトによって期間や日数は異なりますが、新人期間中は男性会員から注目されやすいため稼ぎやすい期間です。
しかし新人期間が終わると、男性会員は他の新人へと目移りしてしまうため、リピート客を作りにくくなり待機時間が長くなったと感じる人も多いでしょう。
待機時間中はお金が発生しないので、なるべく減らしたいところです。
そこで今回は、新人期間じゃなくても稼ぎやすくするためにアタックメールの重要性と使い方をご紹介しましょう。

目次

  1. アタックメールのいろはを知っておこう!
  2. アタックメールを実際に送ってみよう!
  3. アタックメールで高収入を得よう

アタックメールのいろはを知っておこう!

アタックメールのいろはを知っておこう

アタックメールは通称アタメとも言われていて、元はメルレと言われるメールレディの用語です。
チャットレディ業界のメールは、男性に多く足を運んでもらうためにキャスト側から送る営業メールの総称を言います。
上手に活用すると、お仕事を効率よく進められたり獲得できる報酬をいつもより多くできたりするので、ぜひ活用しましょう。
まずは、実際に送る前に覚えておきたい「いろは」をご紹介します。

アタックメールの重要性は?

アタメはチャットレディにとって、非常に重要なものです。
なぜなら、男性の興味を引いてお金を使ってもらうように誘導するために送るものだからです。
メールレディのようにメールをするだけで地道にお金を稼げるライブチャットサイトもありますが、大きな収入を得ようとするならば、男性にチャットしてもらうことが一番でしょう。
また、チャットレディは新規の顧客を得るために、自分の存在に気付いてもらわないといけません。
新規顧客を得て男性に話をしてもらうためには、アタメが欠かせないのです。
そのため、サイトのメッセージ機能や提供しているアプリなどを使ってメールを送信しましょう。

アタックメールは誰に送ればいいの?

男性を集客するためだけに、たくさんの人に送るのは良くありません。
期待が持てる男性会員を選んでピンポイントで送った方が、効率よく効果を得られる可能性があります。
そのためメールを送る時は優先順位を付けて、送る人を決めておきましょう。

最優先 ログイン中の常連
最優先するべきなのは、ログイン中の常連です。
ライブチャットサイトに女性側のキャストアカウントでログインすると、登録している男性会員さんがログインしているかどうかを判別できる機能が備わっているサイトがあります。
この機能を利用して、新人の時からチャットに足を運んでくれているログイン中の男性を探してメールを送信するのがおすすめです。
自分がお話できる状態のことを伝えれば、チャットに誘導できるかもしれません。
優先 ポイント消費が高い常連
サイトにログインしていない男性で「普段からたくさんポイントを使ってくれる男性」にも、アタメを送りましょう。
ポイントを多く消費していることは、ポイントの消費が少ない男性よりも話をするハードルが低いと感じていると言っても過言ではありません。
こちらからメールを送信して声を掛けることで、話をしに来てくれる可能性が高いのです。
さらに来てくれた場合、いつものようにポイントを多く使ってくれることも考えられます。
このように太客と呼ばれる男性には、定期的に丁寧なアタメを送っておきましょう。
低優先 チャットをしてくれそうな男性会員
男性の中には、チャトレディへの興味から話に来る前にメールでアプローチをかけてくる人もいます。
中にはたくさんのキャストに同じメールを送っている人もいますが、文章をよく読むと気持ちのこもったメールをしている人も紛れています。
キャストのプロフィール記事や画像を見て、メールを送ってくれた人であれば誘導できるかもしれません。
また、こちらからチャットをしてくれそうな方にメールを送るという手段もあります。
その場合は、必ずログインしている男性かどうかを確かめてから送るようにしましょう。

返事が来なかったら次の男性へ送ることを意識しよう!

メールを送っても、返信をしてくれない男性は多くいます。
そんな時に反応があるまでメールを送ってしまうと、逆に男性に嫌われてしまう可能性もあります。
男性はこちらにとってお客さんにしかすぎず、こちらに非がなくとも離れていくものです。
割り切ることも大事なので、新規の顧客を獲得するために新しいお客さんを探すのも一つの手でしょう。

アタックメールを実際に送ってみよう!

アタックメールを実際に送ってみよう!

では、実際にアタメを書いていきましょう。
文章の内容は人によって様々ですが、短すぎる文章で一斉送信用のメールなどテンプレート感が丸出しの文章では、男性会員の心を掴むことはできません。
ここでは、アタメを送る際のコツや書き方をご紹介します。

必要な文字数とメールの口調は?

文字数は、男性会員がすぐに読めるほど良い長さを意識してみましょう。
文字数の目安は、大体100~200文字です。
短すぎると手抜きをしていると思われてしまいますし、長いとくどいと感じられてしまいます。
また、メールの口調は基本ですます調もしくは普段チャットしている時の口調がおすすめです。
話をしたことない人や、関係性が浅い人にはですます調で、慣れてきたら徐々にチャット中の口調にしていくと良いです。
常連さんに送信する際は、チャットの時と同じ口調で書くと心の距離が離れている感じを与えなくて済みます。

メールの書き始めと書く内容は?

アタメの書き始めは、必ず挨拶を入れましょう。
挨拶はメールでも基本中の基本で、挨拶がないと感じ悪く見えてしまいます。
そのためすぐに本題に入らず、挨拶をしてから本題に入るようにしてください。
またメールの内容は常連さんに送るのか、話に来たことがない人に送るのかで大きく変わります。
常連さんも初めての方も、共通して言えるのはメール相手の名前を入れることです。
男性はテンプレートを嫌うため「あなただけ感」が出るように、名前を入れてメールをすると良いでしょう。
もし自己紹介をするのであれば、短めに簡潔した自己紹介を送るようにします。
プロフィールを活かしたメールを書いたり、話をする約束をする文章を送ったりしてみてください。
最初は一から書くことはできないので、コピペ用テンプレートを使うのも一つの手です。

メールには画像や絵文字を入れよう!

アタメを何通か送った後で返事があった相手とのメールに関しては、話をしに来てもらうために、少しエッチな画像を添付したり絵文字をたくさん入れて女の子らしさが出る文面にしたりと工夫しましょう。
エッチな画像を添付する時は、盛り込みすぎないほど良いものにして上品さを出すと良いかもしれません。
また絵文字も画像と同じく、盛り込み過ぎると男性が引いてしまう可能性が高いので程よく盛り込んでみましょう。
顔文字はネットで検索してみると、様々なタイプのものが見つかります。
お気に入りの顔文字を使って、メールを送ってみると返信率も高まるかもしれません。

返信率が高まる例文は?

実際に送っても返信が来ない場合も多くあります。
そんな時は、例文を見て自分のどこがダメだったのかなどを考えてみましょう。
返信率やチャットに来てくれる率が高まる例文は以下の通りです。

・例文1
こんばんは!〇〇です!
【男性の名前】さんのことが気になったのでメールしちゃいました!
【男性の名前】さんは今何をしていますか?
よかったら【男性の名前】さんのことをもっとよく知りたいな~
・例文2
こんばんは!〇〇です!
【男性の名前】さん、昨日はチャットに来てくれてありがとうございました!
【男性の名前】さんのこと、たくさん知れて楽しかったです!
よかったらもっと【男性の名前】さんの趣味とか特技とか知りたいな?

アタックメールで高収入を得よう

新宿でチャットレディをしている方は、ぜひより多くの収入を得るためにアタメを活用することをおすすめします。
運用を積み重ねることで、チャットをしてくれる男性は徐々に現れてきます。
自分の魅力をメールで伝えることで、より話をしに来てくれる率が高まるでしょう。
メールの書き方を教わりたいのであれば、チャットレディ代理店アリス新宿に所属してみましょう。
アリス新宿は書き方をレクチャーしてくれて、分からない場合は例文まで教えてくれます。
ぜひ新宿でチャトレディをしている方は、今回の記事を参考にアリス新宿で書き方を教わってみてはいかがでしょうか?