チャットレディのスクショ流出・晒しを防ぐ対策方法とは?

チャットレディのスクショ流出・晒しを防ぐ対策方法とは?

チャットレディでのスクショはよくあること!?

男性と直接会って話さなくてもオンラインを介したチャットで仕事ができるという魅力を持つチャットレディですが、実は多くがスクショされているという事実にあります。

チャットレディの閲覧が可能なパソコンやスマホどちらであっても基本的には自由に画面をスクショできてしまいますし、男性会員によっては動画録画用アプリを使って撮影している人もいるほどです。

しかしながら、こうしたスクショやキャプチャはチャットレディの大きな被害につながりかねません。
今回はスクショやキャプチャ対策としてやっておきたいことをご紹介していきます。

目次

  1. スクショされた静止画やキャプチャ動画は危険がたくさん
  2. チャットレディ本人ができるスクショ・晒し対策について
  3. スクショや映像の流出を見つけてしまった時は?
  4. 名の知れた大手チャットレディ会社はスクショ・晒し対策が施されている

スクショされた静止画やキャプチャ動画は危険がたくさん

現状スクショやキャプチャによって公開されたくない画像や動画が出回っていることは多くあります。
特にキャプチャで映像化されてしまった時には、スクショの静止画よりも身バレにつながる危険性が高いでしょう。
このスクショやライブ動画を撮られることは、トークを行うチャットレディにとって基本的にはバレません。

つまり、知らないうちに撮影されてしまうのが当たり前であるため、多くのレディが恐ろしいと思ってしまうことでしょう。
男性がスクショを行う理由としては、個人的な利用のためである場合がほとんどです。
中にはSNSで拡散させたり、有料の動画投稿サイトや動画取引サイトにアップしていたりと、お金儲けをしようとしている人もいます。
こうした映像やスクショを流出したり、勝手に出品したりするのは違法です。

公開者や出品者が犯人として捕れば10年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が課せられるようになるというリスクもあります。
しかし、海外サイトに出して満足感を得ている男性もいるため、なかなか減る傾向が見られません。
チャットレディにとってスクショされるのは身近なことではありますが、スクショされて身バレに繋げないためにも、早急にスクショやキャプチャの対処は必要です。

チャットレディ本人ができるスクショ・晒し対策について

チャットレディを続けるために欠かせないスクショ・晒し対策として、以下の8つが挙げられます。

顔出しはなるべく行わない

チャットレディは顔出しした方が稼げるというのは事実です。
しかしながら顔出しでネット上に晒されてしまったとなれば、積み上げてきた稼ぎのありがたみも半減してしまうことでしょう。

そうならないためにも、なるべく顔出しは避けるべきです。
顔出しをしないといっても、完全に映すのを避けるということではありません。
口から下を映したり、マスクをしてチャットしたりと、様々な方法で完全な顔出しを防ぐことができます。

顔と一緒に体は映さないようにする

チャットルームに入出する男性会員の中には、女の子の体を見たいと少しアダルト的な要素を望む人も多いです。
レディはそんな男性のためを思って体を映し服装やポーズで誘惑する方もいますが、アダルト行為はしてはいけませんし、顔と一緒に体が映らないようにする必要があります。

体のスクショを撮られたとしても顔が一緒に写っていなければ特定のリスクは低くなります。
男性会員によっては「全身映してくれればもっとお金をあげる」という言葉を投げかけてくることもありますが、断るようにしてください。
お金を得たとしてもスクショが晒されて身バレしてしまう怖さがあることを覚えておきましょう。

チャット中は雰囲気を変えるのがおすすめ

チャットレディはいつもの姿とチャット中の姿を似たようにしないことが大事です。
そのためには雰囲気を変えるのがおすすめで、メイクを普段と変えたりウィッグを被ったりで雰囲気をガラっとチェンジさせて、身バレを防ぐことにつなげていけます。

また、コスプレするのも良いでしょう。
見た目のみならず気分も変えて楽しめるので、ぜひチャレンジしてみてください。

個人情報は絶対に映さない

カメラに個人情報を映すことは絶対にやってはいけません。
氏名や住所、仕事先がわかる免許証、保険証、郵便物などは見えない所にしまっておきましょう。

特に待機中も多くの男性に見られるチャットサイトは注意が必要です。
誰にも見ていないと思われるタイミングで、不意に個人情報を出さないように気を付けてください。

また、画面上に映すのみならず口で言わないことも大事です。
聞かれても答えてはいけませんし、リスクがあることを頭の中に入れて、個人情報は絶対に漏らさないように気を付けていきましょう。

スクリーンに時計やカレンダーを映しておく

撮影された日時と時間が分かる時計やカレンダーは、身バレ対策の一つとしてぜひともやっておきたい対策法です。
日時と時間による履歴情報から犯人の特定につながり、こうした工夫が見られる女の子は男性もプレッシャーを与えられるでしょう。

「どうして表示させているの?」と聞かれたら、「大事な男性との時間を記録に残すため」と伝えてあげましょう。
こうすることで男性に大きな不信感を与えることなく、ライブの入室者数を伸ばすことができます。

2ショットチャットを活用する

2ショットチャットは女の子と男性会員のお互いがカメラに映るチャット方法です。
スクショする姿というのはキーボードを操作する動きである程度分かります。

男性ユーザーはチャットレディから見られているとなるとスクショやキャプチャしにくくなり身バレリスクを低くすることができるのです。おまけに2ショットチャットは比較的報酬が高い傾向にあります。
人によっては顔出しを要求されることもありますが、やんわりと断って上手く稼ぎにつながるように活用していきましょう。

男性の名前をたくさん呼ぶ

実は男性会員の名前をたくさん呼ぶのも賢い対策法です。
名前が複数回呼ばれれば動画にするのを恐れるようになるでしょう。

もしも動画として流出してしまったとしても犯人の特定には至りやすいです。
これは動画を撮られている時に限り有効となりますが、男性の名前を呼んであげることは嬉しい気持ちにもつながるので、チャット中に積極的に取り入れてみてください。

男性会員の情報を探る

男性の名前をたくさん呼ぶだけではなく、男性会員の情報を知ろうとする積極性も大事です。
これは男性の身バレを防ぎたいと思う心理を利用できる策になります。
いきなり「住んでいる場所は?」と聞かれたら勘のいい男性はチャットルームから退出してしまうことでしょう。

多くのチャットレディの目的としては身バレを防ぎながらも稼ぎたいはずであるため、せっかく遊びに来てくれた男性を安易に手放してはなりません。情報を掴む上手い質問としては何気ない会話からつなげることです。

例えば天気を聞いてみて、どこに住んでいるのか憶測してみましょう。
そしてさらに話を踏み込んで「○○辺りに住んでいる?」と聞けば、さほど違和感なく男性会員の情報を掴むことにつながります。
加えて周辺にあるおすすめの店などを聞くと言ったようにプライベートな部分に触れることで親近感も持ってくれるようになるでしょう。

スクショや映像の流出を見つけてしまった時は?

もしも自身のスクショや動画サイトで映像を見つけたならば、一刻も早く削除申請を行いましょう。
削除申請は「著作権侵害による削除」のページから削除を申し込むことができます。
削除申請が完了したら権利侵害申請を通して、違法にアップロードされた静画や動画の削除が進み、より拡散が進んでいくのを留めることができます。
見つけたら早急に上記の対応を取って自分の身を守っていきましょう。

名の知れた大手チャットレディ会社はスクショ・晒し対策が施されている

名の知れた大手チャットレディ会社はスクショ・晒し対策が施されている
スクショによってチャットレディが困らないためにも、信頼できる大手チャットレディ会社はスクショ対策を行っています。
画面上に会員のIDを薄く表示させたり、会社のロゴマークを入れたりとスクショ対策としてあらゆる策を講じているのです。
これによりスクショや動画がネットに上がってしまった時も、犯人を特定しやすくなります。

会社がこうしたスクショ対策を行い理由は、レディの被害を防ぐことだけではなく、安心して仕事ができるためにする他、女の子の数を減らさないためという狙いがあります。安心して勤務を続けるためには、こうした配慮に力を入れている会社を選んでいきましょう。

チャットレディAlice新宿もこうした配慮を行いチャットレディの安全とプライバシーを守ってきました。

既にチャットレディとして働いている方は、この機にチャットレディAlice新宿を利用してみてはいかがでしょうか?
プラスしてご紹介してきたスクショ・晒し対策を参考にして、高収入バイトであるチャットレディの仕事を楽しんでいきましょう。