新宿チャットレディの顔バレ対策!個人情報の流出を防ごう

新宿チャットレディに顔バレ対策は必須

チャットレディのお仕事に顔バレ対策は欠かせません。
万が一スクショ画像がネットに出回ってしまえば、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
これから新宿でチャットレディのお仕事を始めようと思っている人も、すでにチャットレディとしてデビューしている人も、「仕事中にスクショを撮られるかも」「動画がネットで拡散されるかも」という不安があるのではないでしょうか。

インターネットが当たり前の世の中では、ネットに上がった画像・動画を完全に消すことは難しく、情報の拡散スピードは驚くほどの速さです。
チャットレディは決してやましい仕事ではないとは言え、知り合いにチャットレディの仕事を知られることを避けたいと考える人は少なくないでしょう。

今回は、個人情報を流出させたくない新宿チャットレディが知っておくべき顔バレのリスクや対策方法についてご紹介します。
安心してチャットレディの仕事で稼ぐためにも、ぜひ万全の顔バレ対策を実践しましょう。

目次

  1. チャットレディをスクショする男性は多い
  2. 万が一の顔バレ画像・動画流出にはどう対応する?
  3. 顔バレの不安から解放されたい人はAlice新宿を選ぼう

チャットレディをスクショする男性は多い

チャットレディの仕事は女性が高い収入を得られる仕事です。
アダルトな内容が含まれる場合もあるので、会社や旦那、家族などに内緒でチャットレディの仕事をしている人も多くいます。

パソコンの動画チャットで男性会員と会話をするのがチャットレディの仕事で、女性は登録した事務所から男性会員と会話した時間分の報酬を受け取ります。
つまりチャットで男性会員とつながっているため、男性会員がチャット中にスクショをすることは技術的に難しくありません。
パソコンでもスマホでも画面のスクショは簡単にでき、アプリなどを使えば動画録画もできます。
スクショや動画を撮られていても、チャットレディの側からは気が付かないため、知らないうちにスクショ・録画をしている男性会員は多いです。
チャットレディにとって、スクショや録画を防ぐことは難しいと言えます。

チャットレディの盗撮画像・映像の流出は違法行為

チャットレディを盗撮した画像・動画をネット上に流出させることは法律で禁じられています。
日本でスクショ画像や動画をネット流出させると10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金が課せられます。
そのため、スクショや動画を勝手に撮っている男性会員が、チャットレディの画像・動画をネット流出させる可能性は低いと考えてよいでしょう。
基本的に、チャットレディの撮影をしている男性会員は、個人で楽しむことが目的という人がほとんどです。
あまり気分の良いものではないものの、個人情報がネット上に流出して顔バレする可能性は低いと言えます。

チャットレディの顔バレ対策ポイント

新宿チャットレディにとって欠かせない顔バレ対策について、具体的なポイントをご紹介します。
安心して仕事をするためにぜひ実践していきましょう。

できるだけ顔出しをしない

個人情報の流出リスクを避けたいなら、チャットへの顔出しを避けましょう。
チャットレディの仕事では顔出しをしたほうが稼ぎやすく、一般的には顔出しでお仕事をすることをおすすめします。
しかし、顔バレ対策を徹底したいなら、やはり顔出しをしない方が良いです。
マスクなどで顔の下半分を隠すなど工夫してみましょう。
例えば、待機中はマスク着用で顔を半分隠して、1対1のチャットに入ったらマスクを外すようにすると、男性客の期待も高まります。
実はチャットレディの仕事で顔バレ・身バレをすることは稀です。
そもそも、知り合い男性とチャットで鉢合わせすること自体が確率的に低いため、知り合いに顔バレ・身バレすることはほとんどないと言って良いでしょう。
会社や旦那、家族にバレるとすれば、自分から話してしまったり、スマホなどを勝手に覗かれたりするケースが多いです。

顔と体は別で映す

チャットレディのお仕事では、アダルト要求をする男性客もいます。
アダルトな内容に応じるとしっかり稼げるので、チャットレディの中には積極的にアダルトな内容にチャレンジしている人も多いです。
アダルト系の服装やポーズで稼ぐ場合、顔と体は別で映すように注意してください。
万が一、身体の画像・動画を盗撮されても、顔が映っていなければ個人を特定されずに済みます。
男性客の中には、「顔と体を一緒に映してくれたらお金を弾む」、「みんなもやっている」など、巧みに誘ってくる人もいるので気を付けてください。
チャット中は、もしも今スクショされたらどうなるかを常に想定しましょう。

メイクやウィッグで変装する

チャットレディの仕事をする時は、いつもの自分とは違った姿を演出することをおすすめします。
メイク方法を変えたり、ウィッグでヘアスタイルを変えたりしてみましょう。
メイクのポイントは目元の印象です。
チャット画面を通してみると、女性の目元メイクは全体の印象を大きく左右します。
チャットレディ専用のメイク方法としては、目元はキラキラとしたアイシャドウを使ってメリハリをつけるのが一般的です。
つけまやカラコンも上手に活用してみてください。

また、ヘアスタイルも女性の雰囲気を大きく変えるので、身バレ対策としていつもの髪型とチャットレディの仕事での髪型を変えると良いでしょう。
普段がショートヘアならロングのウィッグ、普段がロングヘアならショートのウィッグでイメージを大きく変えておくと顔バレ対策になります。
仕事用のキャラを設定して、普段とは違う姿になっておけば、万が一のスクショでも顔バレのリスクは低くなります。
事務所によっては色々なコスプレ衣装などを用意していることもあるので、気分に合わせて男性受けのよいコスプレで変装してみても良いでしょう。

スクリーンや背景に注意する

スクリーンには時計入りのカレンダーを設置します。
万が一スクショや録画をすれば撮影した日時が記録されるので、利用履歴から犯人の
特定が可能になります。
スクショについての正しい知識があるというアピールにもなるのでおすすめです。
また、画面の背景などに個人が特定できるものは映さないように細心の注意を払いましょう。
免許証や郵便物はもちろん、自宅の場所が特定される窓の外の景色なども映らないようにします。
窓ガラスや鏡などに反射して、思わぬ個人情報が流出する可能性もゼロではないので、しっかりと画面に映り込む情報を管理してください。

チャット中は男性の名前を呼ぶ

動画の盗撮対策としては、男性客の名前を何度も呼ぶのも有効な対策になります。
チャット中に何度も名前を呼ばれていれば、自分の名前が連呼される動画を違法流出しようとは思わないでしょう。
名前から違法な動画流出の犯人として特定されてしまいます。
もちろん、流出させるつもりがない良質な男性会員にとっては、自分の名前を何度も呼んでもらえたら嬉しいので一石二鳥の対策と言えるでしょう。
ちなみに、チャットレディの仕事に慣れてくると、常連の男性客に対して油断してしまうケースも多いです。
チャットで自分から個人情報を教えるわけはないと思っている女性でも、実際に仲良くなった男性会員に対しては油断してしまう場合があります。
チャットレディのお仕事で顔バレ・身バレせず安心して続けるなら、キャラを演じて個人情報の流出リスクに徹底的に気を付けましょう。

万が一の顔バレ画像・動画流出にはどう対応する?

チャットレディとして仕事をしていて、万が一顔バレに関するトラブルに巻き込まれてしまった場合は、どのように対処すべきでしょうか。

顔バレ盗撮画像・動画の存在で脅されたら

盗撮した顔バレ画像・動画があるからと男性会員から脅されるケースも皆無ではありません。
「画像・動画を流出されたくないなら住所を教えろ」などと脅す男性がいたなら、チャットレディの事務所に相談しましょう。
顔バレ画像・動画の流出を避けたいからと、相手の言いなりになってはいけません。
盗撮画像・動画の流出も犯罪ですし、脅すのは恐喝罪です。
事件に巻き込まれた場合は一人で抱えずに、登録している事務所にすぐ相談してください。

顔バレ画像・動画の流出に気付いたら

もしチャットレディの仕事中の顔バレ画像・動画が流出してしまったら、DMCA侵害の削除申請を一刻も早く提出しましょう
デジタルミレニアム著作権法の略であるDMCAは、デジタルコンテンツの著作権に関するアメリカの法律です。
削除申請は「著作権侵害による削除」のページから行い、権利侵害の申請を行う流れとなります。
盗撮画像・動画はアップロード後、時間の経過とともに拡散範囲が広がっていくので、一刻も早い対応が肝心です。

顔バレの不安から解放されたい人はAlice新宿を選ぼう

新宿でチャットレディとしての仕事を顔バレのリスクを避けて続けたいなら、高収入チャットレディ代理店Alice新宿をおすすめします。
完全自由出勤で空き時間を現金に変えられ、全額日払いもOKです。
サポート体制がしっかりしているので、気になるチャットレディの顔バレ対策にも対応してもらえます。
Alice新宿のスタッフはチャットレディの立場になって、女性が快適に過ごして高収入につながるように、カメラ映りやトーク技術まで丁寧に教えてくれます。
もちろん顔出しNGでも稼げる接客方法などノウハウも豊富なので、気になる人はぜひ問い合わせてみてください。