チャットレディは親バレに注意!親にバレる原因と有効な対策方法とは?

  • 2021年6月29日
  • 2021年8月2日
  • 身バレ
  • 306view

チャットレディが親バレしないためには?

チャットレディは親バレに注意!親にバレる原因と有効な対策方法とは?

チャットレディは大学生やフリーターも稼ぐことができ、社会人や主婦の副業としても人気の仕事です。
手軽に高収入が手に入る上に、直接男性に接客するわけではないので安全性の高さが魅力です。
ただし、チャットレディには身バレや顔バレするリスクがあります。
しかもバレた相手が自分の親だったというケースもあるので、親バレ対策が必要です。
今回は新宿エリアでチャットレディの仕事を安全に行うためにも、親バレの原因や対策方法をご紹介します。

目次

  1. チャットレディの仕事が親バレする原因
  2. チャットレディは確定申告を忘れず行おう
  3. 親から疑われないように親バレ対策をしよう
  4. チャットレディが親バレせずに働くならAlice新宿店へ

チャットレディの仕事が親バレする原因

チャットレディの仕事をやっていることが、親バレする原因には何があるのでしょうか?
主に3つの原因が考えられるので、それぞれのケースを見ていきましょう。

扶養控除から外れたことから発覚

最も多い親バレの原因は、扶養控除から外れてしまうケースです。
年間の合計所得が48万円以上になっていると、扶養控除から外れてしまいます。
扶養控除から外れると親が支払う所得税と住民税が上がるので、それをきっかけに親はどんな仕事をしているのか追求してくるでしょう。
チャットレディは人気が出てくれば、短時間でかなりの報酬を獲得することも夢ではありません。
扶養に入っていることを頭に入れておかないと、うっかり48万円を超える所得になっている可能性があります。
また、大学生やフリーターとなると、普通のアルバイトをしている人も少なくないでしょう。
アルバイト分の給料も含めると、年間48万円の金額はあっという間に到達してしまいます。
アルバイトをやっている場合は「時給がいい」と言い訳もできますが、出勤日数や労働時間が短いとその言い訳は少し苦しいかもしれません。

羽振りの良さから発覚

チャットレディの魅力は収入の良さです。
普通のアルバイトよりも多く稼げる可能性があり、金銭的な余裕が生まれます。
そうなると、つい買い物やエステ、旅行など色々なところでお金を使って機会が増えるでしょう。
しかし、急に羽振りが良くなることに、親は不信感を抱く可能性があります。
例えば高級ブランドのバッグや服などが一気に増えたり、頻繁にエステに通ったりする光景を見れば、いくらアルバイトをしていたとしても羽振りが良すぎると親は感じてしまうものです。
何か怪しいことで稼いでいるのではないかと疑い、追及されて発覚する事態になってしまう可能性があります。

ライブ配信をうっかり目撃される

親が偶然ライブチャットを配信する姿をうっかり目撃して発覚することもあります。
特に親と一緒に生活していて、さらに自宅で配信を行っている場合はこの事故を起こす可能性が高いです。
親が外出して家にいない時間帯を見計らって始めたとしても、配信に夢中になっていることで帰宅に気付かないこともあるでしょう。
また、親と別々に暮らす人にも親バレのリスクはないとは言い切れません。
チャットレディの動画は入室していた男性会員によりSNSや匿名掲示板などに投稿され、拡散されるケースも珍しくありません。
偶然家族がその動画を見てしまったり、見た知り合いから教えてもらったりすることで発覚する恐れがあるのです。

チャットレディは確定申告を忘れず行おう

チャットレディの親バレは扶養から外れることがきっかけであるケースが多いので、確定申告をして対策しましょう。
しかし、なぜ確定申告が親バレ対策につながるのか、よく分かっていない方もいるはずです。
ここからは確定申告がチャットレディの親バレ対策に有効な理由をご紹介します。

扶養を外れずに働くのは難しい

扶養控除から外れないようにするためには、年間48万円以下(給与収入は103万円以下)の所得を保つしかありません。
しかし、現実的に考えて扶養控除の範囲内で計算的に働くのは難しいものです。
特にアルバイトをしている場合は普通に範囲外となりやすいです。

確定申告で所得を下げる

チャットレディの仕事でたくさん稼いでも、確定申告により所得を下げられます。
確定申告で所得を申請する際、仕事をする上で必要な経費を計上できます。
経費になるものは通信費やスマホ・パソコン代、カメラやマイクなどの設備費、衣装代、化粧品代など仕事で絶対に使うもの・支払うものであれば計上可能です。
例えばチャットレディの仕事で1年間に70万円稼ぎ、必要経費の35万円かかったとします。
売上70万円から必要経費35万円を差し引くと、合計所得は35万円となるので扶養控除の範囲に収まります。
経費になりそうなものを買った際はレシートを残し、親バレ対策のためにも確定申告することをおすすめします。

アルバイトもやっている場合

1つ注意したいのは、アルバイトもやっている場合です。
アルバイトと掛け持ちの場合、合計所得はチャットレディの雑所得とアルバイトの給与所得をプラスして算出します。
給与所得は控除分を差し引いたもので計算しますが、それでも合計所得が48万円以上となれば扶養から外れるので注意が必要です。
できるだけたくさん経費に入れて、チャットレディの所得を下げましょう。
また、チャットレディの収入で十分に稼げているのであれば、親に内緒でアルバイトを辞めてしまうのも一つの手です。
無職なのにお金を持っている状態は怪しまれるので、在宅アルバイトに切り替えたなどアリバイを用意しましょう。

親から疑われないように親バレ対策をしよう

チャットレディをやっていることを親バレさせないためにも、普段から意識して対策を講じていきましょう。
では、具体的にどんな対策が必要なのかご紹介します。

お金の使い方に注意

チャットレディで高収入を得られるようになっても、派手にお金を使うのは避けた方が良いです。
急にお金の使い方が変わると、やはり親は不思議に思ってしまいます。
自立するまで今まで通りの使い方を保っていた方が、親バレする可能性を下げられます。
高価なものを買うのであれば隠し持つのでなく、「これが欲しくてずっと頑張って貯めていた」と言っておいた方が疑われにくいでしょう。

変装や顔を隠して配信をする

ライブチャットで配信する時はメイクや服装、髪型を変えて参加しましょう。
できればマスクをする、鼻から上をカメラに映さないなど、顔を隠して身バレ対策をした方が安心です。
万が一に自分の動画が流出し、偶然家族や知り合いが見ても変装していれば自分だと気付かれにくくなります。
特に普段の見た目とのギャップが強いと、自分の娘(知り合い)だと思い込む人は少ないです。
チャットレディ用の服装を用意する時は、管理にも注意してください。
実家で生活している場合、普段着ないような服や付けないウィッグが見つかれば変に思ってしまいます。
放置せずにきちんと片付け、親の目に入らない場所に収納しておくと安心です。

配信中は気を抜かない

実家でチャットレディの配信を行う時は、気を抜かないようにしましょう。
配信に夢中になりすぎて、親の帰宅に気付かずに目撃されれば言い逃れは難しいです。
「これから友達と通話する」「オンライン会議するから」と伝えて自室に近付けさせないようにし、自分への連絡はLINEやメールに入れてもらうようにすると良いです。
また、会話が筒抜けにならないように、声のボリュームにも気を付けましょう。

閲覧履歴はこまめに削除する

パソコンの閲覧履歴から親バレすることもあるので、こまめに削除しておくと安心です。
家族一人ひとりがパソコンを所持していればあまり心配いりませんが、共有で使う場合は閲覧履歴を見られてしまうリスクがあります。
見られても不審に思われないためにも、ライブチャットサイトなど仕事に関連するWebサイトの履歴はシャットダウン前に削除する習慣を付けましょう。

チャットレディが親バレせずに働くならAlice新宿店へ

代理店Alice新宿店では、衛生管理もプライバシーにも配慮された完全個室のチャットルームを用意しています。
そのため、実家暮らしで配信ができない人もチャットレディの仕事ができます。
宿泊設備も整っているので、夜遅い時間帯や泊りがけでの利用も可能です。
「アルバイトに行く」「友達の家に泊まってくる」という風に親に伝えて利用すれば、疑われる心配もありません。
また、Aliceはチャットレディが安心して働けるように、様々な面でサポートを行います。
稼ぎ方や身バレ対策のやり方、確定申告の相談、衣装の貸出などのサポートが受けられるので、初心者からベテランまで不安なく働けます。
親や知り合いにバレずに働けるようにアリバイを用意しているので、安全に働きたい方はチャットレディ代理店Aliceに登録してみてください。